浦和、湘南、山口…坪井慶介が現役引退を決断「走り続けていきます」

山口の坪井慶介。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

プロ18シーズンのキャリアにピリオドを打つ。16日の山形戦でセレモニーを実施。

 レノファ山口は11月7日、元日本代表DF坪井慶介が今シーズン限りで現役引退すると発表した。11月16日(13:00開始)に維新みらいふスタジアムで開催されるJ2・41節のモンテディオ山形戦後、引退セレモニーを実施する。

 坪井は1979年9月16日、東京都生まれの40歳。179センチ、70キロ。これまでのキャリアは、四日市中央工業高―福岡大―浦和レッズ―湘南ベルマーレ―山口。日本代表40試合出場(2006年ドイツ・ワールドカップ[W杯]出場)。

 これまでの通算成績は、J1リーグ315試合1得点、J2リーグ32試合0得点。

 坪井は次のようにコメントしている。

「坪井慶介40歳、今シーズン限りで現役を引退することを決断しました。18年間応援いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

 2002年に浦和レッズに加入させていただき、湘南ベルマーレ、レノファ山口と3チームを渡り歩き、W杯にも出場し、40歳までプロサッカー選手を続けることができるなんていうことは、夢にも思っていませんでした。

 プロサッカー選手として経験した、公式戦454試合、日本代表としての40試合はどの試合も僕の誇りであり財産です。

 浦和、湘南、山口で出会ったチームメイト、監督、スタッフ、支えて頂いたファン、サポーター、スポンサー様、全ての方々に感謝致します。本当にありがとうございました。

 また僕をプロサッカー選手に育ててくれた小学校、中学校の指導者の皆さま、四日市中央工業の樋口先生、福岡大学の乾監督に改めて感謝いたします。

 そして最後に、僕を生み育ててくれた両親、妻、3人の子供たち、家族の存在が常に僕の一番の支えであり活力でした。本当にこんな幸せなサッカー人生を過ごさせてくれてありがとう。

 戦うピッチは変わりますが18年間で得た経験を活かし走り続けて行きますのでこれからも応援よろしくお願い致します」

 Jリーグが急速な進化を遂げていったなか、その時代を彩ってきた象徴の一人でもあった。坪井の第2のサッカー人生のキャリアに期待したい!

関連記事:坪井がプレゼンターで登場…。平川忠亮、感動の引退スピーチ(全文)「夢を叶えてくれたのが浦和レッズでした」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads