【東京五輪】チケット2次抽選販売を11月13日に開始。サッカーは余裕あり

東京五輪のチケットの「2次抽選販売」の申し込みを11月13日に開始!(C)SAKANOWA

グループステージには団体チケットも。メダルの懸かった試合から埋まる傾向。

 来夏に開催される東京2020オリンピックの観戦チケットの「2次抽選販売」が11月13日から行われる。公益財団法人・東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が11月8日に記者会見を開き概要を発表した。サッカーも対象で、残席は比較的多く残っているという。

 第2次抽選販売のスケジュール(予定)は、次の通り。東京オリンピック公式チケット販売サイトで受け付ける( https://ticket.tokyo2020.org/ )。

 受付は、11月13日(水)未明から11月26日(火)11時59分まで。抽選結果の発表は、12月18日(水)。購入手続き期間は12月18日(水)から1月10日(金)23:59まで(※12月24日から1月6日11:59までは購入手続きができない)。

 チケットを購入するためには、上記サイトからマイチケットのIDの申し込みが必要になる。今回の申し込みと購入の上限は最大18枚(1次の30枚から縮小)。

 サッカーは、埼玉スタジアム2〇〇2、横浜国際総合競技場(日産スタジアム)、東京スタジアム(味の素スタジアム)、札幌ドーム、宮城スタジアム(ひとめぼれスタジアム宮城)、茨城カシマスタジアム、オリンピックスタジアム(新国立競技場)の7会場で開催される。

 チケットの価格は以下の通り。

 女子は、予選(グループステージ)が2500円から8000円、準々決勝が4000円~15500円、準決勝が5800円~21000円、国立競技場での決勝が7500円から45000円。

 男子は、予選(グループステージ)が3000円から9800円、準々決勝が5800円~21000円、準決勝が7500円~30500円、横浜国際総合競技場での決勝が9800円から67500円。

 また、12歳以下・60歳以上の団体(学校など対象)で観戦できる予選対象の「東京2020みんなで応援チケット」は2020円に設定されている。

 1次販売では、予選の試合ではまだ比較的空席が多く残っているという。やはりまだ日程や組み合わせが決まっていないため、メダルの懸かった試合から埋まる傾向にあるそうだ。

 なお、2020年春からは、公式チケット販売サイト、街なかのチケット販売所、公式リセールも行われる。こちらの概要は未定で、今後発表される。

 チケット2次販売では、ボクシングが新たに加わる。一方、水泳(8月5日、6日のマラソンスイミング)、陸上(8月2日の女子マラソン、トラック&フィールド、9日の男子マラソン)、トライアスロン(7月27日男子、28日女子、8月1日混合リレー)が対象外となる。

関連記事:新国立競技場で元日開催。天皇杯決勝チケットは11月13日先行、12月14日一般販売

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads