【日本代表】「市場価格」ランキング。1位中島、2位鎌田、3位は…

モンゴル戦に臨んだ日本代表のイレブン。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

Jリーグ組のトップは7位タイの山口蛍。

 移籍専門サイト『トランスファーマーケット』のデータをもと、11月14日のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア予選のキルギス戦に臨む日本代表23人の『推定市場価格』をチェックし、ランキングにまとめた。

 あらゆるデータをもとに算出された「推定市場価格」は、期待値を含め若手がやや高めに設定されるなど、あくまでも参照のデータと言える。

 1位は中島翔哉で、今回のランキングの対象外でもある久保建英や堂安律らU-22代表組を含めた日本人選手全体の中でも、最も高い額となっている。

 そして、2位に鎌田大地、3位に酒井宏樹と続いた。

 パルチザンで評価を高めた浅野拓磨が、価値を上げている。一方、2部リーグでも出場機会を得られずにいる柴崎岳、原口元気が次第に評価を下げている。

 Jリーグ組では山口蛍が、一時期ハノーファーでプレーしていたやロシアW杯に出場したことも加味され7位タイでトップ。原口、柴崎、遠藤航と並んでいる。

 ランキングは以下の通り。

▽日本代表11月・キルギス戦メンバー(23人)の『推定市場価格』
※『トランスファーマーケット』参照

1位 中島翔哉 2500万ユーロ/約30億円
(MF/25歳/ポルト)

2位 鎌田大地 900万ユーロ/約10億円
(MF/23歳/フランクフルト)

3位 酒井宏樹 800万ユーロ/約9億5000万円
(DF/29歳/マルセイユ)

4位 吉田麻也 700万ユーロ/約8億3000万円
(DF/31歳/サウサンプトン)

5位 南野拓実 500万ユーロ/約6億円
(FW/24歳/ザルツブルク)

6位 伊東純也 450万ユーロ/約5億3000万円
(FW/26歳/ヘンク)

7位 山口 蛍 200万ユーロ/約2億4000万円
(MF/29歳/神戸)

7位 原口元気 200万ユーロ/約2億4000万円
(FW/28歳/ハノーファー) 

7位 柴崎 岳 200万ユーロ/約2億4000万円
(MF/27歳/デポルティーボ)

7位 遠藤 航 200万ユーロ/約2億4000万円
(MF/26歳/シュトゥットガルト)

7位 長友佑都 200万ユーロ/約2億4000万円
(DF/33歳/ガラタサライ)

12位 浅野拓磨 170万ユーロ/約1億8000円
(FW/25歳/パルチザン)

13位 植田直通 150万ユーロ/約1億8000万円
(DF/25歳/セルクル・ブルージュ)

13位 安西幸輝 150万ユーロ/約1億8000万円
(DF/24歳/ポルティモネンセ)

15位 永井謙佑 120万ユーロ/約1億4000万円
(FW/30歳/FC東京)

15位 橋本拳人 120万ユーロ/約1億4000万円
(MF/26歳/FC東京)

15位 佐々木翔 120万ユーロ/約1億4000万円
(DF/30歳/広島)

18位 室屋 成 110万ユーロ/約1億3000万円
(DF/25歳/FC東京)

19位 鈴木武蔵 110万ユーロ/約1億3000万円
(FW/25歳/札幌)

20位 シュミット・ダニエル 90万ユーロ/約1億円
(GK/27歳/シント=トロイデン)

21位 権田修一 80万ユーロ/約9500万円 
(GK/30歳/ポルティモネンセ)

22位 畠中槙之輔 60万ユーロ/約7000万円  
(DF/24歳/横浜F・マリノス)

23位 川島永嗣 25万ユーロ/約3000万円
(GK/36歳/ストラスブール)

関連記事:東京五輪へ本田が久保、堂安を語る「むしろ共存しやすい左利き同士」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads