女子アジアクラブ選手権。ベレーザが韓国王者に勝利、優勝王手!植木、小林がゴール

植木理子がゴール!ベレーザが韓国王者に勝利を収めた。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

4か国で争うテスト大会。11月30日にラスト、メルボルン・ビクトリー戦。

[パイロット版FIFA/AFC女子クラブ選手権]日テレ・ベレーザ 2-0 仁川現代(韓国)/2019年11月28日/Yongin Citizen Sports Park(韓国)

 国際サッカー連盟(FIFA)とアジアサッカー連盟(AFC)のパイロット版として初めて韓国で行われている”女子版のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)”「パイロット版FIFA/AFC女子クラブ選手権」、日本代表として臨んでいる日テレ・ベレーザが植木理子、小林里歌子のゴールで、ホスト国代表である仁川現代製鉄レッドエンジェルズに2-0の快勝を収めた。

 この大会はオーストラリア、中国、韓国、日本の4か国の昨シーズンのクラブ優勝チームが集結し、アジアの女子クラブチームのナンバー1を決める大会。今回、試験的(パイロット版)に開催された。中1日で4チームが総当たりで対戦。なでしこリーグ5連覇中のベレーザが日本代表として挑んでいる。

 ベレーザは2日前の初戦、中国の江蘇蘇寧女子足球倶楽部と1-1で引き分け、一方、仁川現代はオーストラリアのメルボルン・ビクトリーに4-0と快勝。いずれも優勝に向けて負けられない”大一番”となった。

 前半はスコアレスで折り返すと、迎えた49分、コーナーキックから植木理子がヘッドで押し込み先制に成功。さらに試合終了間際の90分、小林里歌子がトドメの一撃を突き刺して、ベレーザが2-0の勝利を収めた。

 ベレーザの永田雅人監督は「レッドエンジェルスはボールポゼッション力が高く、サッカーのスタイルが似ているので、今回の対戦を非常に楽しみにしていました。その試合で勝利を収められ、幸せに思っています。今日の目標は2つあり、相手の攻撃の脅威を減らすこと、ディフェンスシブサードでしっかりボールを動かすこと。それができたことで、高い位置から押し込むこともできました。疲労も考慮して選手を起用しましたが、みんな非常によく戦ってくれました」と振り返っている。

 一方、メルボルン・ビクトリー対江蘇蘇寧は1-1で引き分け。ベレーザは1勝1分で、11月30日にメルボルン・ビクトリーと対戦する。勝てば優勝だ!

ベレーザは最終戦、勝てば優勝だ。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA
 
[取材・文:早草紀子]

Ads

Ads