本田圭佑のフィテッセ暫定監督が決定!「本命」に断られる

フィテッセの本田圭佑。※フィテッセ公式ツイッターより(@MijnVitesse)

ジョゼフ・オースティング氏が就任。

[オランダ1部 16節]  フィテッセ – フェイエノールト/2019年12月8日/ヘルレドーム

 元日本代表MF本田圭佑が所属するオランダ1部リーグ(エールディビジ)のフィテッセは12月3日、暫定監督としてジョゼフ・オースティング氏が就任すると発表した。ロシア人のレオニード・スルツキ監督の辞任を受けてコーチを務めてきたが、そのまま当面指揮を執ることになった。

 フィテッセは11月30日のSCヘーレンフェーン戦で2-3と逆転負けを喫し、リーグ5連敗の泥沼に……。「人生でこれほど負け続けたことはない。もはやトレーナーとは言えない」と、スルツキ監督はキッパリと辞任を表明した。本田圭佑をオランダまで呼び寄せ加入までさせた指揮官は、わずか2試合(2敗)戦っただけで離ればなれになった。

 その後、フィテッセOBや内部昇格を軸に人選が進めらられ、オースティング氏が「一時的に」指揮を執ることが決まった。コーチ陣も入れ替わる。

 フィテッセのモハメド・アラッハ・テクニカルディレクター(TD)はクラブ公式サイトで次のように説明している。

「すぐに新たな監督を探さなければいけませんでした。可能性について話し合ったあと、もちろんエドワード・ストリング氏を含め、さまざまな人と話し合いをしました。ただストリングは過去に何度か暫定監督を務めましたが、今はアカデミーの指導に集中したいということで、暫定的な地位に就くことについて固辞されました。

(暫定監督に決まった)ジョゼフは経験豊富な指導者であり、このレベルにあるプレーヤーたちに今いったい何が必要かを知っています」

 また、これまでフィテッセU-21のマネジャーを務めていたオースティング監督は、「クラブを助けたい。私はこのチームのことをよく把握しており、フィテッセにとっての困難な時期を乗り切り、道を切り開くために、あらゆることをします」と決意を示している。

 また、オランダメディア『VT』は、”ダークホース”の後任監督候補として、ヤープ・スタム、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストといった元オランダ代表名選手の名前を挙げる。さらに、アラッハTDはチェルシーFCのオーナーであるロマン・アブラモビッチ氏と親交が深いということで、そのラインでビッグネームが呼ばれる可能性も? と期待を寄せている。

 フィテッセは7勝2分6敗(24得点・22失点)で7位。次節12月8日はヘルレドームで、フェイエノールトと対戦する。本田にとって、フィテッセ加入後初のホームゲームとなる。

関連記事:本田フィテッセの新監督は?現地が6人の候補を挙げる「最有力」は…

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads