【日本代表こんな布陣を見てみたい】4バック編。2列目に仲川、武蔵、遠藤、CBに畠中&渡辺はどうか?

中国戦での「こんな布陣を見てみたい」。4-2-3-1バージョン。(C)SAKANOWA

10日、E-1東アジア選手権で中国と対戦。

[E-1選手権] 日本 – 中国/2019年12月10日19:30/九徳総合運動場(韓国)

 E-1東アジア選手権の日本代表対中国代表戦が12月10日、韓国の釜山で行われる。このあと香港、韓国との計3試合が組まれ、総当たりで優勝を決める。森保一監督のもと、東京五輪世代を中心としたチームで臨み、新戦力の発掘とフル代表との融合を進め、いくつかの試みが行われると見られる。加えて2年前に敗れている韓国に雪辱を晴らし、頂点に立つことが目標となる。

 初陣の中国戦で「見てみたい布陣」について考えてみたい。メンバー的には3-4-2-1が基本布陣になりそうだが、今回は4-2-3-1に当てはめてみた(3バック編のURLは下記)。

 その場合、最大の注目は2列目の「3」になるだろう。Jリーグ2019シーズンの最優秀選手賞(MVP)、得点王、ベストイレブンの「3冠」に輝いた横浜F・マリノスの仲川輝人が、最も持ち味を発揮できる布陣の一つでもある(4-3-3も)。

 ただし、逆サイドの左サイドハーフ(左ウイング)の人材が、今回は不足している印象ではある。遠藤渓太は主戦場にするが、さらに森島司も面白いか。

 また、トップ下に今回MF登録の鈴木武蔵を配置すると、一段と攻撃の厚みが増しそうだ(森島もトップ下のほうが生きる?)。中国とのハードワークにパワーでも負けないためには、鈴木のようなタイプが効いてくるのではないか。

 最前線は、小川航基や上田綺世は3-4-2-1よりも、このオーソドックスな布陣のほうが、より持ち味を出せそうである。

 ボランチは井手口陽介も加えたいところだが、大島僚太が司令塔となり、橋本拳人がイカリ(アンカー)のような役割を担うことで、バランスを保ちたい。

 また、センターバックは、横浜FM畠中槙之輔、FC東京の渡辺剛と、J1リーグ1・2位のコンビが組んでみるのはどうだろうか。今は粗削りだが、日本を支えるCBコンビにもなり得るポテンシャルは十分秘めている。

 11月はU-22日本代表対U-22コロンビア代表戦(●0-2)、日本代表対ベネズエラ戦(●1-4)と、国内組はパッとしなかった。この中国戦で内容を伴う勝利を収めて、勢いをつけたい。

 E-1東アジア選手権に臨む日本代表メンバーと大会日程は次の通り。

◆日本代表メンバー◆
GK
1 中村航輔(柏レイソル)
12 小島亨介(大分トリニータ)
23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
DF
19 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
5 三浦弦太(ガンバ大阪)
4 畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
15 渡辺 剛(FC東京)
2 菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌)
21 古賀太陽(柏レイソル)
22 橋岡大樹(浦和レッズ)
MF
10 仲川輝人(横浜F・マリノス)
6 大島僚太(川崎フロンターレ)
18 橋本拳人(FC東京)
9 鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
8 井手口陽介(ガンバ大阪)
16 相馬勇紀(鹿島アントラーズ)
14 森島 司(サンフレッチェ広島)
3 田中駿汰(大阪体育大学)
7 遠藤渓太(横浜F・マリノス)
17 田中 碧(川崎フロンターレ)
FW
20 小川航基(水戸ホーリーホック)
13 上田綺世(鹿島アントラーズ)
11 田川亨介(FC東京)
※室屋成は負傷により辞退

◆大会日程◆
12月10日(火)
中国 vs 日本
12月14日(土)
日本 vs 香港
12月18日(水)
韓国 vs 日本

関連記事:【日本代表】現時点の最強3-4-2-1を見たい!CFは仲川がベスト?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads