久保がバルサ戦を語る「18歳のサッカー少年ではなく…」ブーイングに”感謝”

試合後のフラッシュインタビューに応じるマジョルカの久保建英。※ラ・リーガ公式ツイッターより

チームがミスから喫した1失点目を悔やむ。マジョルカ3連敗。

[スペイン1部 15節] バルセロナ 5-2 マジョルカ/2019年12月7日(日本時間8日)/カンプノウ

 スペイン1部リーグ(ラ・リーガ)、RCDマジョルカの久保建英がアウェーのFCバルセロナ戦、5試合連続でスタメン出場(3試合連続フル出場)を果たした。しかしチームは首位チームに2-5と完敗、リーグ3連敗を喫した。

 下部組織(カンテラ)のラ・マシアで10歳から過ごした久保が、ついにカンプノウのピッチに立った。18歳になるとともにレアル・マドリード行きを選択し、マジョルカに期限付き移籍。そうした経緯もありスペインでも注目を集めた18歳の日本代表ミッドフィルダーは、試合後のフラッシュインタビューで、次のようにスペイン語で語った。ラ・リーガの日本語版公式ツイッター( @LaLigaJP )で動画が公開されている。

「良い出だしだったと思いますが、開始6分のミスが致命的でした。私たちがゴールチャンスを作った直後、リトリートが遅れ、カウンターから1点目を与えてしまいました。彼らのようなビッグクラブを相手に序盤で先制されれば、当然、より厳しい展開になります。1失点を喫したあとは、非常に困難でした」

 久保はそのように試合を振り返り、自身のパフォーマンスについても触れた。

「ありがたいことに、ここでも90分フル出場できました。個人的には全力を尽くしましたが、結果を残せるほど十分ではなかったため残念です」

 そしてボールを持つとバルセロナサポーターからブーイングが起きたことについて。久保はポジティブに受け止めていた。

「自分のことを18歳のサッカー少年ではなく、選手として、ライバルとして認識してもらっていると解釈しました。他の選手同様、一人のライバルとして認められているという点では、嬉しい限りです」

 自身のパスが起点となり、2点目が決まった。少なからず手応えは得た一方、チームが結果を残せず、やはり悔しさも感じていたようだ。ホームでバルセロナを迎える3月15日(未定)の一戦は、さらに進化を遂げた姿を見せつけたい。それも一つの目標になりそうだ。

 マジョルカは4勝2分10敗(16得点・28失点)の勝点14で17位のまま。久保はリーグ13試合1得点・2アシスト。一方、バルセロナはリーグ11勝1分3敗(41得点・18失点)の勝点34で首位をキープし、2位のレアル・マドリードも同勝点で並走している。

関連記事:スペインで話題に!久保がメッシにかました「ナツメグ」とは?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads