【日本代表こんな布陣を見てみたい】日韓戦、勝利に徹したい!上田、大島、菅、橋岡の共演はどうか

ストッパーは右・畠中、左・渡辺でも問題ないか。(C)SAKANOWA

東アジアE-1選手権、前回大会のような惨敗は許されない。2試合のベストで”勝つ”メンバーを。

[E-1選手権] 日本 – 韓国/2019年12月14日19:30/釜山アジアド主競技場(韓国)

 東アジアE-1選手権の日本代表対韓国代表戦が12月18日、韓国の釜山で行われる。日本はこれまで2連勝を収めており、中国戦(〇2-1)、香港戦(〇5-0)の結果と内容を受け、ベストと言える布陣で臨みたい。

 2年前の日本開催のこの大会、ヴァヒッド・ハリルホジッチ元監督のもと、日本は韓国に1-4と惨敗を喫した。そしてハリルホジッチ監督が試合後に「韓国が日本より強いことは、はじめから分かっていた」などと発言し、結果的にその後の解任劇へのトリガーを引くこととなった。今回、その二の舞だけは避け、何かしらのテストを施すのではなく、勝利にこだわりたい。

 そのための「見てみたい布陣」を考えてみたい。

 センターフォワードは代表デビュー戦ハットトリックの小川航基、一方なかなか結果は残せずにいるが周囲との連係も噛み合ってきた上田綺世、いずれも一長一短がある。どちらが先発しても楽しみであり、自身がゴールを狙うのみならず、3-4-2-1のシャドーの個性を引き出す仕事も考えると、上田がハマるか。

 そして左ウイングバックに香港戦で豪快ボレーをねじ込んだ菅大輝、右ウイングバックに橋岡大樹と、所属先でもこの布陣でプレーしてきた「両翼」に懸けてみてはどうか。

 シャドーは鈴木武蔵と森島司が妥当だが、仲川輝人や小川航基を抜擢しても韓国にプレッシャーを与えられそうだ。

 そして、コンディションさえ問題なければ香港戦でキャプテンマークを巻いた大島僚太の先発起用は外せない。むしろ、ここで突き抜け、柴崎岳や遠藤航の日本代表主力組を脅かす、主力争いに食い込む存在になってもらいたい。

 最終ラインは、リベロの人選が難しいところ。三浦弦太の一発で局面を打開できるフィードも武器だが、香港戦で結果を残した田中駿汰の韓国を相手にした粘り強いプレーを見てみたいところ(あるいはボランチ起用もありか)。

 とにかくこの試合、森保一監督には、勝利に徹してもらいたい。日韓戦という特別な舞台、勝ってこそ成長につながるはずだ。

 E-1東アジア選手権の日本代表メンバーと、結果は次の通り。

◆日本代表メンバー◆
GK
1 中村航輔(柏レイソル)
12 小島亨介(大分トリニータ)
23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)
DF
19 佐々木翔(サンフレッチェ広島)
5 三浦弦太(ガンバ大阪)
4 畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
15 渡辺 剛(FC東京)
2 菅 大輝(北海道コンサドーレ札幌)
21 古賀太陽(柏レイソル)
22 橋岡大樹(浦和レッズ)
MF
10 仲川輝人(横浜F・マリノス)
6 大島僚太(川崎フロンターレ)
9 鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
8 井手口陽介(ガンバ大阪)
16 相馬勇紀(鹿島アントラーズ)
14 森島 司(サンフレッチェ広島)
3 田中駿汰(大阪体育大学)
7 遠藤渓太(横浜F・マリノス)
17 田中 碧(川崎フロンターレ)
FW
20 小川航基(水戸ホーリーホック)
13 上田綺世(鹿島アントラーズ)
11 田川亨介(FC東京)
※室屋成は負傷により辞退、橋本拳人は負傷により途中離脱。

◇東アジアE-1選手権◇
◆大会日程&結果◆ 

※すべて19:30KICK OFF
◎12月10日(火)
日本代表(〇2-1) 中国代表

◎12月11日(水)
韓国代表(〇2-0)香港代表

◎12月14日(土)
日本代表(〇5-0)香港代表 

◎12月15日(日)
韓国代表(〇1-0)中国代表

◎12月18日(水)
香港代表(16:15@釜山アジアド主競技場)中国代表
日本代表(19:30@釜山アジアド主競技場)韓国代表

関連記事:【中国紙】日本戦完敗に「恥」、橋岡への飛び蹴りは「彼の頭が足に当たった」と弁明

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads