クロップがリバプール南野獲得認める!?「公式発表はまだだよね」

南野拓実(日本代表)。写真:徳原隆元/(C)Takashi UEGISHI

クラブワールドカップは薄氷の勝利で、フラメンゴとの決勝に進出。

 イングランド・プレミアリーグのリバプールFCが12月18日、カタールで開催中のクラブワールドカップ(CWC)の準決勝、CFモンテレイ(アフリカ大陸代表)に90+1分のロベルト・フィルミーノのゴールで2-1の勝利を収め、決勝進出を果たした。ファイナルは12月21日(日本時間22日2時30分開始)、CRフラメンゴ(南米大陸代表)と対戦する。

 イギリス紙『メトロ』によると、そのモンテレイ戦後、同日にオーストリア1部リーグのRBザルツブルクの日本代表FW南野拓実がリバプールで契約に向けたメディカルチェックを受けるなど報じられたことを受けて、ユルゲン・クロップ監督がメディア対応で最新の情報を求められた。

 するとクロップは広報に「公式の発表はまだだよね?」と確認したそうだ。

 記事によると、正式にサインするのは冬の移籍市場が開く1月1日になるとのこと。そして指揮官はこの試合、連戦のため決勝まで温存したかったロベルト・フィルミーノを投入してまで決勝進出を果たしたこともあり、次のように語ったという。

「まさに正直なところ、今日のような試合で彼がいてくれたら、本当にどれほど良かったことだろう。彼はまだ私たちの選手ではないけれど、待たないといけないね」

 クロップはそのように南野の加入を、首を長くして待っているということだ。

 実際のところ、リバプールは超過密スケジュールとなっている。同日に組まれたリーグカップ準々決勝のアストン・ビラFC戦には、イングランドに残った選手たちで臨んで0-5で敗戦。それでも週末に組まれていたリーグ戦のウェストハム・ユナイテッド戦は延期になっている。

 そしてCWC決勝後は、12月26日レスター・シティ戦(アウェー)、29日ウルブス戦(ホーム)、1月2日シェフィールド・ユナイテッド戦(ホーム)、5日、FAカップのエヴァートン戦(ホーム)、11日にトッテナム・ホットスパーズ戦(アウェー)、19日にマンチェスター・ユナイテッド戦(ホーム)と重要なカードが続く。

 南野に早く来てほしい――。クロップの声は、本音のようだ。あとは正式発表を待つだけか。

関連記事:条件チェック。南野のリバプール移籍、労働ビザ問題は大丈夫?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads