【移籍情報】横浜FMが京都MF仙頭啓矢を完全移籍で獲得「挑戦したい気持ちが強く決断」

京都の仙頭啓矢が横浜FMに完全移籍!(C)SAKANOWA

ついに”セントケイヤ”、J1の新境地へ。

 京都サンガF.C.のMF仙頭啓矢(せんと・けいや)が12月20日、横浜F・マリノスに完全移籍で加入することが決定した。両クラブが正式に発表した。

 仙頭は大阪府出身、1994年12月29日生まれ、24歳。170センチ・62キロ。AB型。これまでのキャリアは、枚方市立小倉小学校(FCジョカーレ、ガンバ大阪門真ジュニア) ― 枚方市立渚西中学校(FCグリーンウェーブU-15) ― 京都橘高校 ― 東洋大学 ― 京都。

 攻撃的なミッドフィルダーで、2019シーズンはJ2リーグ36試合・10得点を記録。J2リーグ通算は99試合・16得点。

 仙頭は横浜FMのファンに向けて、 「このたび、京都サンガF.C.から移籍することになりました仙頭啓矢です。2020年シーズンもクラブがタイトルを獲得できるよう、全力でプレーします。よろしくお願いします」と呼び掛けている。

 また、京都の公式サイトに、次のようにメッセージを残している。

「京都サンガF.C.に関わり、日頃より応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。

 高校から京都でお世話になっていて、その京都でプロ生活をスタートできた時は、本当に嬉しかったですし、恩返しするという気持ちで闘ってきました。

 しかし、目標のJ1昇格を果たすことができず、とても悔しい気持ちと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 ですが、自分自身、挑戦したいという気持ちが強くこの決断に至りました。

 快く送り出していただいた京都サンガF.C.というクラブには感謝しかありません。チームは変わりますが、しっかり僕自身が活躍して恩返しをしていきたいと思います。

 これからも仙頭啓矢を応援よろしくお願いします。

 本当に3年間ありがとうございました」

関連記事:条件チェック。南野のリバプール移籍、労働ビザ問題は大丈夫?

Topics:Keiya SENTO of KYOTO Sanga F.C. to complete full transfer to YOKOHAMA F・MARINOS.

Ads

Ads