オランダメディア辛辣「本田の冒険はまた失敗した」。フィテッセ1か月で退団

日本代表での本田圭佑。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

すでに現地を去り、「新しいクラブを探している」。

[オランダ1部 17節]  フィテッセ 3-0 VVV/2019年12月22日/ヘルレドーム

 元日本代表MF本田圭佑が12月23日、オランダ1部リーグのフィテッセを退団すると発表、自身のSNSのツイッター( @kskgroup2017 )で「私はミッションを達成できず、クラブを去る決断を下しました。出会えたすべての人に感謝しています」と報告した。

 オランダメディア『ゲルドレンダー』はこの発表を受けて、「すでにホンダはフィテッセを去っている」と題したレポートを掲載。3連敗を喫するなどレオニード・スルツキ前監督が危機に立つなかでフィテッセに加入し、東京オリンピックへのオーバーエイジ選出と金メダル獲得を、ともに目標として設定。しかし本田加入直後も2連敗。計5連敗を喫したスルツキ前監督は辞任を決断した。

 本田は「スルツキが去ったが、その責任を少なからず感じている。冬以降、ここにいるわけにはいかない」と退団を決めた理由を語っている。

 すると同メディアは「フィテッセでの本田の冒険は長く続かず、また失敗した」と、約1か月、4試合の出場機会ではアピールできなかったことを強調。「この日本人選手は半年間プレーしておらず、試合に臨むリズムを失っていた。またプレーの初速が遅かった」と、厳しい評価を下している。

 そしてジョゼフ・オースティング暫定監督のもとでは、レギュラーポジションを掴めず、「VVV戦は個人的な理由で欠場していた」。そして「本田は新しいクラブを探している。彼は東京オリンピックでのミッションを達成することを目指していて、パーソナルトレーナーを雇っている」とレポートされている。

 本田は以前にスペインリーグに挑戦したいと明かしており、その可能性に懸けるのだろうか。ただし、CSKAモスクワ、ACミランを経て、メキシコのパチューカ、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーと欧州外でプレー。今回ついに欧州1部リーグでのチャンスを得たが、それを生かせたとは言い難かった。

 冬の移籍市場を睨んでの早期決断ではあったのだろう。ただ33歳の元日本代表アタッカーを必要とするクラブは出てくるだろうか。東京五輪出場への”一発逆転”を狙うのであれば、Jリーグ復帰も選択肢に入ってくるかもしれない。

関連記事:本田圭佑が行方不明…フィテッセ退団決定「ミッション達成できず。責任を感じている」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads