【鹿島】コーチ陣刷新。前町田監督の相馬直樹氏、熊谷浩二氏がトップチームコーチに就任

鹿島のコーチに就任した相馬直樹氏。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

羽田コーチは市立船橋時代の恩師、布新監督の松本へ。

 鹿島アントラーズは1月4日、前FC町田ゼルビア監督の相馬直樹氏、鹿島のフットボールグループプロチームスカウトの熊谷浩二氏が、2020シーズンのトップチーム監督に就任すると発表した。

 1月2日にはザーゴ新監督(本名アントニオ・カルロス・ザーゴ / ANTONIO CARLOS ZAGO)の就任が決定。さらに、カルロス・エドゥアルド・パシェコ・ダ・シルバ氏、ギリェルメ・ アウグスト・デ・メロ・ロドリゲス氏、ウェリントン・ベルト・デ・オリヴェイラ氏のコーチングスタッフ3人を新たに迎え入れることも決まっていた。

 さらに日本人スタッフとして、元鹿島の選手でもある相馬氏、熊谷氏がトップチームに”復帰”することになった。

 一方、大岩剛体制を支えたコーチ陣は、次のように新たなポストが発表されている。羽田憲司コーチは、市立船橋高校時代の恩師でもある、松本山雅FCの布啓一郎新監督をコーチとしてサポートする。

■コーチングスタッフ■
黒崎久志コーチ 

アカデミースタッフ

里内猛フィジカルコーチ

アカデミースタッフ

羽田憲司コーチ

松本山雅FCコーチ

小杉光正テクニカルスタッフ

セレッソ大阪分析兼コーチ

関連記事:【鹿島】湘南の日本代表DF杉岡大暉を完全移籍で獲得!さらに永戸勝也、広瀬陸斗も

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads