【千葉】ユン・ジョンファン監督が決意「今年は違う姿を間違いなく見せられる」

C大阪時代のユン・ジョンファン監督。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

プロとしての生活から見つめ直してもらう――。

 ジェフユナイテッド市原・千葉は1月6日、新体制記者会見を行った。第一部では2020シーズンの活動方針が示され、そのなかでユン・ジョンファン新監督が今後のビジョンについて語った。

 同日にチームが始動。指揮官は「たくさんの方の期待を感じ、責任の大きさも感じます。目標のために一歩を踏み出しましたが、J1昇格は簡単なことではありません。フロント、スタッフ、選手、すべてが一つになることができれば、必ず昇格できます。今年は違う姿を間違いなく見せられると思っています。みんなで克服し、壁を越えることは十分可能なはずです」と語った。

 また、その越えなければいけない壁――の意味について、ユン・ジョンファン監督は具体的に説明した。

「既存選手、新たに加わってきた選手、それに私も新たに来ました。考え方が異なるのは明白です。それがしっかり合わなければ、小さなことでもトラブルになります。

 そこを我々スタッフが考えていかなければいけません。シーズンを過ごしていくなか、コンディションがいい時もあれば、悪い時もあります。また、その差を最小限に抑えるためには、コミュニケーションが大切です。雰囲気によって、それは変わってくるものです。

 なるべく負けない、そういった試合を増やすこと。そんなチームを作っていきたいです。そのためにはピッチで戦う11人だけでなく、グラウンドに立つ全員が戦う姿を見せることが大切です」

 そのようにサガン鳥栖をJ1昇格、セレッソ大阪を2冠に導いた指揮官は、『総力』を重要なポイントに挙げた。

 一方、「ユンスタイル」を千葉でも貫くことを強調。ただし、それが千葉でフィットするかはまだ分からないとも明かした。

「組織的であり、攻撃をするための守備に重点を置き、最も素早く相手のゴールに迫るサッカーを目指していきたい。ただ、それが可能なのかどうかはまだ分かりません。それをするための準備を今、しているところです」

「皆さんは、私が(鳥栖やC大阪で)してきたことを知っていると思うので、比較してもらいたい。選手たちは異なっても、すべきことは変わりません。私たちの選手は十分可能だと思っています。粘り強いチームを作りたいです」

 また、センターバックの新井一耀はJ1からオファーがあったものの残留を決断したことを明かした。そうしたなか、年齢、これまでの経験はあまり関係なく、「今はオープンな状態。ゼロからスタートする。ベテランも関係なくチャレンジすることが大切」とも強調した。

 実際ユン・ジョンファン監督のもと、這い上がり進化を遂げた選手は数多い。「普段から、まずプロとしての規則正しい生活を徹底させたい。それができればすべてが変わるはずです」と、指揮官は根底から変えていくスタンスを示した。

 千葉は本当に変われるのか――。ユン・ジョンファン監督と千葉の2020年の戦い、その一歩を踏み出した。

関連記事:【移籍情報】なぜ?驚き…18年J2得点王の大前元紀がJ3から昇格の群馬に移籍

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads