【横浜FM】新背番号決定。オナイウは大分時代の45番、水沼はプロ初の18番!栗原の4番、中澤の22番は空き番号に

オナイウは大分でつけていた出世番号「45」を横浜でも継続。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

ドゥシャンは徳島加入、新人のブラウンと松田が育成型期限付き移籍。

 横浜F・マリノスは1月11日、新体制発表会を行い、2020シーズンの背番号を発表した。浦和レッズから大分トリニータへのレンタル移籍を経て加入した日本代表FWオナイウ阿道は、その大分時代につけていた「45」、また8年ぶりに古巣に復帰した水沼宏太は、プロキャリアでは初となる「18」に決定した。昨季天野純(スポルティング・ロケレンに期限付き移籍中)がつけた10番、引退した栗原勇蔵の4番、さらには2年前まで中澤佑二がつけた22番は空き番号となっている。

 また同日までに、昨季まで所属したセルビア人DFドゥシャンが徳島ヴォルティスに加入することが決定。横浜FMユースから昇格した新人のFWブラウンノア賢信がカターレ富山、MF松田詠太郎がSC相模原に、それぞれ育成型期限付き移籍することも発表された。

 横浜FMの2020シーズンの新背番号は次の通り。

背番号 ポジション 名前
欧文表記 
前所属 

1 GK パク・イルギュ
PARK Ilgyu 
FC琉球

2 DF 山本 義道
YAMAMOTO Norimichi 
ツエーゲン金沢

5 DF ティーラトン
THEERATHON Bunmathan 
ヴィッセル神戸

6 MF 扇原 貴宏
OHGIHARA Takahiro
名古屋グランパス

7 FW 大津 祐樹
OTSU Yuki 
柏レイソル

8 MF 喜田 拓也
KIDA Takuya
横浜F・マリノスユース

9 FW マルコス・ジュニオール
MARCOS Junior
Fluminense(ブラジル)

11 MF 遠藤 渓太
ENDO Keita
横浜F・マリノスユース

13 DF チアゴ・マルチンス・ブエノ
THIAGO Martins Bueno
Palmeiras(ブラジル)

15 DF 伊藤 槙人
ITO Makito
水戸ホーリーホック

16 DF 高野 遼
TAKANO Ryo
ヴァンフォーレ甲府

17 FW エリキ・ナシメント・デ・リマ
ERIK Nascimento De Lima
Botafogo(ブラジル)

18 MF 水沼 宏太
MIZUNUMA Kota
セレッソ大阪

20 MF 杉本 竜士
SUGIMOTO Ryuji
徳島ヴォルティス

21 GK 梶川 裕嗣
KAJIKAWA Yuji
徳島ヴォルティス

23 FW 仲川 輝人
NAKAGAWA Teruhito
アビスパ福岡

24 DF 前 貴之
MAE Takayuki
レノファ山口FC

26 MF 渡辺 皓太
WATANABE Kota
東京ヴェルディ

27 DF 松原 健
MATSUBARA Ken
アルビレックス新潟

29 DF 池田 航
IKEDA Ko
横浜F・マリノスユース

30 FW エジガル・ジュニオ
EDIGAR Junio
FC Bahia
ブラジル

31 GK オビ・パウエル・オビンナ
OBI Powell Obinna
流通経済大

33 DF 和田 拓也
WADA Takuya
サンフレッチェ広島

34 GK 中林 洋次
NAKABAYASHI Hirotsugu
サンフレッチェ広島

41 MF 仙頭 啓矢
SENTO Keiya
京都サンガF.C.

44 DF 畠中 槙之輔
HATANAKA Shinnosuke
東京ヴェルディ

45 FW オナイウ 阿道
ONAIWU Ado
大分トリニータ

関連記事:久保建英に続きレアルがブラジルの神童と「18歳誕生日」に契約!

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads