久保建英が語るレアル・マドリード加入舞台裏。スタッフ来日、プランを説明

ラ・リーガのインタビューに登場したマジョルカの久保建英。※画像はラ・リーガの公式ツイッター(@LaLiga)より

「僕の将来プランを説明するために――」

[スペイン1部 20節] マジョルカ 4-1 バレンシア/2019年1月19日/エスタディ・デ・ソン・モイシュ

 レアル・マドリードからRCDマジョルカにレンタル移籍中の日本代表MF久保建英のインタビューが1月17日、スペインリーグ(ラ・リーガ)の日本語版ツイッター(アカウントは @LaLigaJP )で日本語訳付きで公開された。そのなかで久保はレアル・マドリード加入の舞台裏として、スタッフが来日して育成プランについて直接説明を受けていたことなども語っている。

 動画は第1弾、第2弾、フルバージョンの3パターン。久保はラ・リーガとの接点、マジョルカでの葛藤と充実の日々、そしてレアル・マドリードでいつか活躍したいという思いなどを話している。

 そのなかで久保はレアル・マドリード加入を決めた背景について、「僕の将来プランを説明するため、(スタッフが)日本まで訪問して来てくれました」と明かす。

 また、レアル・マドリードでプレーするタイミングについて――。

「すべては僕次第ですが、成長していくにつれ、(レアル・マドリードで)プレーするチャンスが自ずと来ます」

「このままブレずに続け、より上手くなるほかありません。今のところは自分ができる範囲のことをやって、この調子で続けるべきだと思います」

 そのように、まずはマジョルカでの戦いに懸けるという思いを語る。

「練習や試合を観ていると、今のサッカー界のトップレベルが目に見えて分かります。それが世界トップレベルの基準だとして、いつそこに辿り着けるか計算しています。今だけではなく、将来、役に立つ教えも多く学ぶました」

 レアル・マドリードのトレーニングを経験した、日本人選手ではもちろん最初の選手になる。あの白いユニフォームを着て、公式戦のピッチに立つ日は来るのか――。

 時代の変遷を感じる話でもある。レアル・マドリードがFC東京での久保のプレーをチェックし、直接日本まで口説きに来ていたという。ジネディーヌ・ジダン監督が久保のプレーを確認していたのも、その後のプレシーズンでの起用を見ていても分かる。

 マジョルカは1月19日のホームでのバレンシア戦で7試合ぶりの勝利を収めた。その試合で久保は9戦ぶりにスタメンを外れた。

 18歳の日本代表MFは、新たなる試練の時を迎えることになる。どのように特長を生かし、どのように弱点を補うのか――突き抜けることができるか。

関連記事:マジョルカ久保は途中出場直後にイエローカード、幻のアシストも。強豪バレンシアに4-1快勝

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads