FWタリクが湘南を選んだ理由「ノルウェー代表のスタッフとも話し合った」

湘南に加入したノルウェー代表FWタリク。(C)SAKANOWA

ノルウェー代表10ゴール、昨季スウェーデンで11ゴールを記録。「僕はチームプレーヤー。チームを助けることを考えたプレーを特長としている」

 湘南ベルマーレにノルウェー代表FWタリクが加入した。昨年までスウェーデンのAIKソルナでプレーしてきた31歳のアタッカーが、ハードワークとシームレスな切り替えをチームの武器とする「湘南スタイル」に必要とされ、オファーから短い時間で”日本行き”を決断したという。

 タリクは自身のことを「チームプレーヤー」と言い、チームを助けるためにあらゆることを尽くすとファンに約束する。

 31歳のアタッカーは1月11日の新体制発表記者会見のあと、湘南移籍を決めた背景を語るとともに、湘南での活躍をノルウェー代表につなげたいと意欲を示した。

 まず、湘南からのオファーが届くと、妻に相談をしたそうだ。

「(湘南から)話が来ていると聞いて、すぐに妻と相談をしました。僕たちはちょっとしたアドベンチャー(冒険)が好きで、まったく未知でもある日本でプレーすることに、むしろ躊躇う理由はありませんでした。もちろんサッカーの面も大切です。日本は間違いなくアジアで一番。それも決断した理由の一つでした」

 湘南の第一印象は、「来て間もないけれど、少しトレーニングに参加して、環境もいろいろ整っていると感じました。何より湘南のこのエリアはそこまで騒がしくないので、それは私にとってちょうどいいと感じています」と、環境にも順応できそうだと感じている。

 ノルウェー代表では60試合・10ゴール、そして2019シーズンのAIKソルナでは27試合・11ゴールを決めている。まだまだ進化を遂げているなかで、日本での戦いを選択した。

「僕はチームプレーヤー。チームを助けることを考えたプレーを特長としています。そのなかでゴールやアシストができればいい。まずはチームを助けること。そのうえでインパクトを与えていきたいです」

 ノルウェー代表にコンスタントに選ばれること。それも目標の一つだ。

「日本へ来る前、ノルウェー代表のコーチとも話し合いました。日本はどうだろうかと聞くと、とてもレベルの高いところだと言ってくれました。それにこれまで、中国やKリーグでもプレーしていたノルウェー代表の選手もいました。もちろんノルウェー代表でプレーすることも目標の一つです。ベルマーレで活躍することが、代表にもつながるのは間違いありません」

 明るく真面目で頼もしく、湘南スタイルとしっかりフィットしそうなイメージが浮かぶ。昨年は逆風の強かった湘南だが、タリクがハマれば、間違いなく強烈な追い風をもたらすはずだ。ノルウェー代表で10番をつけた男が2020年、湘南の前線に立ってけん引する。

プロフィール タリク・エルユヌシ(Tarik Elyounoussi) 登録名 タリク。FW。1988年2月23日生まれ、モロッコとノルウェーの国籍を持つ。31歳。172センチ・66キロ。

関連記事:【湘南】ユニフォームは「オンリーワン」を追求。山田直輝「身が引き締まる。みんなの情熱と思いが込められている」

[取材・文:塚越 始]

Posted by 塚越始

Ads

Ads