【横浜FM】扇原、喜田、マルコスの3人がキャプテン就任「すべてはマリノスのために」

喜田は昨季に続きキャプテンに!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

マルコス・ジュニオールは「責任感を持っていいチーム作りをしていきたい」。

 横浜F・マリノスは2月3日、扇原貴宏、喜田拓也、マルコス・ジュニオールの3選手が2020シーズンのキャプテンに就任したと発表した。

 扇原貴宏1991年10月5日生まれ、大阪府出身、28歳。185センチ・74キロ、A型。これまでのキャリアは、日置荘小(堺北FC)― 日置荘中(セレッソ大阪U-15)― 初芝高(セレッソ大阪U-18) ― セレッソ大阪 ― 名古屋グランパス ― 横浜F・マリノス。

扇原のコメント
「今年もこのクラブでキャプテンを務めさせていただけることを光栄に思います。引き続きチームの先頭に立って、 シーズン中の良いときも悪いときもチームを引っ張っていけるように頑張っていきたいと思います」

 喜田拓也は1994年8月23日生まれ、神奈川県出身、25歳。170センチ・64キロ、B型。これまでのキャリアは、北方小(北方SC-横浜F・マリノスプライマリー) ― 仲尾台中(横浜F・マリノスジュニア )― 立野高(横浜F・マリノスユース)  ― 横浜F・マリノス。

喜田のコメント
「自分のすべてをかけてキャプテンを務めていきます。幸いにも頼りになる仲間がたくさんいるので、 みんなで協力し横浜F・マリノスの価値を高めていきたいと思います。すべてはマリノスのために」

マルコス・ジュニオール (MARCOS JUNIO LIMA DOS SANTOS [MARCOS JUNIOR]) は1993年1月19日生まれ、ブラジル出身、27歳。167センチ・ 63キロ。これまでのキャリアは、フルミネンセFC(ブラジル) ― ECヴィトーリア(ブラジル) ― フルミネンセ FC(ブラジル) ― 横浜F・マリノス。

マルコス・ジュニオールのコメント 
「キャプテンを務めることは初めての経験になりますが、このようにキャプテンに任命されたことを嬉しく思います。 同じキャプテンである二人とコミュニケーションを取りながら、責任感を持っていいチーム作りをしていきたいと思います」

 J1王者の横浜FMは2月8日、ゼロックス・スーパーカップで天皇杯覇者のヴィッセル神戸と対戦する。そのあと、まずアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)が開幕し、12日にアウェーで全北現代、19日にホームでシドニーFCと対戦。そして2月23日に、ホームでのガンバ大阪戦でJ1開幕を迎える(14時、日産スタジアム)。

関連記事:愛称にタトゥーもクリリン。ブラジル人FWマルコス・ジュニオールがマリノス移籍に「運命だね」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads