【FC東京 ACL】ディエゴ技ありGK股抜き弾!蔚山現代と1-1ドロー

キレのあるパフォーマンスで攻撃にアクセントを与えたFC東京の室屋成。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

グループステージ初戦、セットプレーからアダイウトンが痛恨のオウンゴール。

[ACL GS1節] 蔚山現代 1-1 FC東京 /2020年2月11日/蔚山文殊フットボールスタジアム

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ初戦、FC東京がアウェーで韓国Kリーグの蔚山現代に1-1で引き分けた。後半に入り、ディエゴ・オリヴェイラが先制点を決めたものの、残り10分を切ったところでFKからアダイウトンのオウンゴールで追い付かれた。

 FC東京は、ディエゴ・オリヴェイラ、アダイウトン、レアンドロのブラジル国籍の3人が前線を形成。アダイウトンがセンターフォワードに入り、ディエゴ・オリヴェイラが右、レアンドロが左ウイングに入る。そのなかで臨機応変に、アダイウトンとディエゴ・オリヴェイラがポジションを入れ替え、ゴールに迫った。

 するとスコアレスで迎えた64分、レアンドロのスルーパスにディエゴ・オリヴェイラが左足で合わせ、GKの股を抜く技ありシュートでゴールを攻略する。その後も蔚山現代の猛攻撃をかわしながら、効果的にカウンターを発動させていった。

 しかし82分、セットプレーからGK林彰洋が飛び出す。が、アダイウトンのオウンゴールでゴールを許してしまう。

 それでも試合全体で見ると主導権を握っていたFC東京は、レアンドロの強烈なミドルがポストを叩くなど、惜しいチャンスも作り出していった。しかし試合終了を迎え、ACLのグループステージ初戦は1-1の引き分けに終わった。

 FC東京はこのあとACL2節、18日にホームでオーストラリア・Aリーグのパース・グローリーと、23日にJ1開幕節、アウェーで清水エスパルスと対戦する。

 FC東京のメンバーは次の通り。  

▼FC東京
▽先発
GK
33 林 彰洋
DF
2 室屋 成
3 森重 真人
4 渡辺 剛
6 小川 諒也
MF
18 橋本拳人
(87分→7 三田 啓貴) 
8 髙萩洋次郎
31 安部柊斗
FW
20 レアンドロ
15 アダイウトン
9 ディエゴ・オリヴェイラ

▽控え
GK
13 波多野豪
DF
22 中村拓海
32 ジョアン・オマリ
37 中村 帆高  
MF
38 紺野 和也
FW
27 田川亨介

▽監督
長谷川健太

関連記事:【FC東京】新体制発表。長谷川健太監督が語った優勝への条件とは?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads