【ACL 神戸】イニエスタのパスから世界への一歩。小川慶次朗ハットトリック達成!

神戸のアンドレス・イニエスタ。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

古橋亨梧、ドウグラスも決める!ジョホールDTに5発大勝!

[ACL GS1節] 神戸 5-1 ジョホールDT/2020年2月12日/神戸市御崎公園球技場

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ1節、2019シーズン天皇杯覇者のヴィッセル神戸がホームでマレーシアのジョホール・ダルル・タクジムFCに、5-1の勝利を収めた。

 神戸はキャプテンの元スペイン代表アンドレス・イニエスタ、さらに新加入ドウグラス、ベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンの助っ人トリオが先発。さらに安井拓也、郷家友太、小川慶次朗といった若手も先発をした。

 立ち上がりから主導権を握ったホームチームは13分、イニエスタのセンターライン付近のロングパスから、小川が抜け出してワンタッチシュートを決めて先制に成功。イニエスタのキックが、世界への一歩をもたらした――。

 一旦同点に追いつかれたものの、直後の28分、西大悟のパスに古橋亨梧がミドルレンジで合わせる鮮やかなシュートを突き刺して再び勝ち越す。

 さらに58分、イニエスタ、酒井高徳、そして小川とつないで3点目。65分、ドウグラスも一人で持ち込んでシュートをねじ込み、ACL初ゴールを記録する。そして72分、イニエスタの完全に相手のタイミングをずらす、クロスに小川が合わせて押し込みハットトリック達成! 神戸が大切な初戦を大勝で飾ってみせた。

 神戸のメンバーは次の通り。

▼ヴィッセル神戸
▽先発
GK
18 飯倉大樹
DF
4 トーマス・フェルマーレン
22 西 大伍
24 酒井高徳
25 大﨑玲央
MF
8 アンドレス・イニエスタ
(87分→19 初瀬 亮)
14 安井拓也
27 郷家友太
FW
11 古橋亨梧
(76分→21 田中順也 )
13 小川慶治朗
49 ドウグラス
(72分→9 藤本憲明)

▽控え
GK
1 前川黛也
DF
17 菊池流帆
3 渡部博文
44 藤谷 壮

▽監督
トルステン・フィンク

関連記事:【神戸】ポドルスキ退団の影響は?18歳新人を「神戸の顔」後継者候補にフィンク監督が挙げる

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads