J1開幕!関根貴大決めた、浦和が3-2勝利!湘南はタリクのPK失敗が響く

浦和の興梠慎三が決めた!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

ファーストゴールは石原直樹。興梠慎三、レアンドロの2トップが決める。

[J1 1節] 湘南 2-3 浦和/2020年2月21日/Shonan BMWスタジアム平塚

 2020シーズンのJ1リーグ開幕戦、浦和レッズが3-2で湘南ベルマーレに勝利を収めた。湘南の石原直樹にJ1ファーストゴールが飛び出したものの、その後、浦和の興梠慎三とレオナルドが得点を奪い逆転。後半に山田直輝のゴールで一旦追いつかれたものの、関根貴大が決勝ゴールを突き刺した。

 開始7分、鈴木冬一の左サイドからのクロスに、ゴール前でフリーだった石原直樹がヘッドで合わせて先制に成功する。

 その後もホームチームが積極的に攻めて、チャンスを作るものの、ゴールを奪うことができない。

 すると、浦和はサイドの駆け引きで、サイドバックも前へ出て数的優位を作ろうとする。迎えた39分、左サイドで山中亮輔のパスから抜け出た汰木康也がクロスを放ち、興梠がシュートを合わせて、GK富居大樹のファンブルしたボールを押し込み同点に。さらに42分、山中にクロスにレオナルドが競り勝ってヘディングで合わせ、逆転に成功した。

 両者ともにゴール前で迫力を生み出す展開が続き、見応えのある好ゲームに。後半は湘南が攻めて、浦和がカウンターで対抗する展開に。65分、鈴木冬一のピンポイントクロスに、山田がジャンプヘッドで合わせて再び同点に追いついた。さらに湘南はVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によりハンドのファウルでPKを獲得。しかし、これをエリクが外して再逆転に失敗した。

 打ち合いの様相となるなか、マルティノス、青木拓矢を投入して再び圧力を強めたアウェーチームは、85分、マルティノスのサイドチェンジから関根がカットイン。シュートをねじ込み、これが決勝点になった。

 両チームのメンバーは次の通り。

▼湘南ベルマーレ
▽先発
GK
1 富居大樹
DF
6 岡本拓也
4 坂 圭祐
22 大岩一貴
MF
38 石原広教
16 齊藤未月
(74分→14 中川寛斗 )
15 福田晃斗
10 山田直輝
(84分→9 指宿洋史)
28 鈴木冬一
(82分→20 岩崎悠人) 
FW
11 タリク
13 石原直樹

▽控え
GK
25 谷 晃生
DF
8 大野和成
MF
23 茨田陽生
7 梅崎 司

▽監督
浮嶋 敏

▼浦和レッズ
▽先発
GK
1 西川周作
DF
27 橋岡大樹
31 岩波拓也
4 鈴木大輔
6 山中亮輔
(89分→5 槙野智章 )
MF
41 関根貴大
10 柏木陽介
(76分→16 青木拓矢 )
29 柴戸 海
24 汰木康也
(76分→11 マルティノス )
FW
45 レオナルド
30 興梠慎三

▽控え
GK
36 鈴木彩艶
DF
26 荻原拓也
MF
7 長澤和輝
FW
13 伊藤涼太郎

▽監督
大槻 毅

突破を図る湘南の石原直樹。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

関連記事:【浦和】マルティノスが鮮烈ショット「僕に合ったシステム。ヤマもね」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads