【千葉│チームレポート】「勝てる」と安田が確信した瞬間。新井負傷、右サイド改善…ユン・ジョンファン監督の一手は

千葉の米倉恒貴が開幕弾!写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

米倉の39秒弾を守り切り、ホーム開幕戦で勝点3を獲得。「(布陣変更も)全員がスムーズにできた」。

[J2 1節] 千葉1-0琉球/2020年2月23日/フクダ電子アリーナ

 ユン・ジョンファン新監督のもと、ジェフユナイテッド市原・千葉がFC琉球との2020シーズンのJ2リーグ開幕戦、1-0の勝利を収め勝点3を獲得した。

 試合開始からわずか39秒だった。相手キックオフからハイプレスでボールを奪取。堀米勇輝の左サイドからのクロスに、4-4-2の右サイドハーフで先発した米倉恒貴がゴール前に飛び込みヘディングでシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。

 ファーストチャンスのファーストシュートでファーストゴールを決めた米倉は「クロスに入っていくのは得意ですし、常に狙っています。ホリ(堀米勇輝)が良いボールを上げてくれたことと堅碁(川又)が潰れ役となってくれたことに感謝しています」と喜んだ。

 ただこのあと、リードしたうえでの試合運びをしたこともあるが、千葉のビッグチャンスは限られた。32分、琉球のGK田口潤人のパスが乱れたところでボールを奪うと、田口の位置を確認した米倉がループシュートを狙ったが、李栄直に間一髪クリアされてしまう。

 また、59分にはセンターバックの新井一輝の負傷により、増嶋竜也が投入される。その後は小野伸二らを投入する琉球の猛攻をしのぐため、米倉を最終ラインに、最前線にいた川又堅碁を2列目に一列下げて、クレーベを前線に残す5-4-1のブロックで対抗した。

 ユン・ジョンファン監督は試合終盤の布陣変更について、「一輝が怪我をし、それに4バックの右から攻略される場面が見えていました。フィジカル的に大丈夫だと思っていましたが、そこから右を攻撃され続けると危険だと思ったので、早い時間帯でしたが守備的戦術を選択しました」と意図を説明した。

 琉球のシュートがクロスバーに当たって救われる場面もあった。ただ千葉の全員が最後まで粘り強く集中を切らさず、虎の子の1点を守り抜いた。

 サガン鳥栖時代にユン・ジョンファン監督のもとで2014年の約半年間プレーしている安田理大は「ユン監督のサッカーで勝った。5バックにしたことで『勝てる』と思いました。内容より勝点3を取れたことが大きいですし、(システム変更も)全員がスムーズにできていました。このサッカーに自信を持って行こうという雰囲気もあり、今日、勝ったことでチームに自信が生まれます」と語った。

 守備面では合格点を与えられる。ただ攻撃面では追加点を奪えず、特にブロックを作ったあとのカウンターに出て行く打開力と精度を欠いたことは課題に挙げられる。

 それでもまずホームで迎えた開幕戦、まさに一丸となって勝点3を泥臭く手に入れた。しぶとく我慢強く戦い切り、勝点を掴み切る。それが千葉の勝利への方程式となっていくに違いない。

 約2週間前の「ちばぎんカップ」で柏レイソルに0-2で敗れた試合後、ユン監督は「ここからきっと良いことが起こると確信しています」と話していた。着実にそれは実行されていて、まずはホームに開幕戦勝利の歓喜がもたらされた。

関連記事:J2開幕!千葉が米倉恒貴のゴールで琉球に勝利。福岡、磐田、大宮など勝点3奪取

[取材・文:石田達也]

Posted by 石田 達也

Ads

Ads