東京VのFW林陵平が群馬に期限付き移籍「挑戦できる環境を与えてくれたことに感謝」

FW林陵平が群馬をJ1に導く!。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

勝負どころで力を発揮するストライカー。大前元紀と強力ツープラトン結成も!

 東京ヴェルディは3月13日、FW林陵平がザスパクサツ群馬に期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2020年3月12日から2021年1月31日まで。林は契約により東京Vと対戦する今シーズン全ての公式戦に出場できない。群馬の練習への合流は3月14日からとなる。

 林は1986年9月8日生まれ、33歳、東京都八王子市出身。186センチ・80キロ。J1リーグ通算36試合・3得点、J2リーグ通算228試合・62得点。

 これまでのキャリアは、清水北FC ― ヴェルディジュニア ― 東京V1969ジュニアユース ― 東京V1969ユース ― 明治大学 ― 東京V ― 柏レイソル ― モンテディオ山形 ― 水戸ホーリーホック ― 東京V ― FC町田ゼルビア(2019年8月より期限付き移籍) ― 東京V。柏、山形をJ1昇格に導いてきた勝負どころで力を発揮するストライカー。大前元紀との強力ツープラトン結成だ。

 林は東京Vのファンに向けて、次のようにコメントしている。

「この度、ザスパクサツ群馬に移籍することになりました。小さい頃から育ったヴェルディをこのような形で去ることはとても残念です。僕の復帰を喜んでくれた方やユニフォームを購入してくれた方達に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ヴェルディサポーターと様々な感情や場面を一緒に共有できたことは僕の誇りです。本当にお世話になりました。ありがとうございました」

 一方、群馬のファンへ、次のようにあいさつしている。

「皆様、初めまして! 東京ヴェルディから移籍してきた林陵平です。チームの一員として挑戦できる環境を与えてくれたことに感謝しています。ザスパクサツ群馬の勝利のために覚悟を持って戦います! 熱い応援をよろしくお願いします」

関連記事:新型コロナで欧州激震!EURO1年延期、ブンデスリーガ終了で昇格のみ採用案も

[文:サカノワ編集グループ]

Topics:Ryohei HAYASHI of TOKYO Verdy joins to Thespa Kusatsu GUNMA ( loan ).

Ads

Ads