【神戸】元日本代表DF酒井高徳が新型コロナウイルス陽性「においを感じない」と訴える

神戸の酒井高徳。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

25日に発熱、28日に平熱になるものの。

 J1リーグのヴィッセル神戸は3月30日、2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)に出場した元日本代表のDF酒井高徳に新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たと発表した。

 クラブが発表した詳細は次の通り。

■酒井高徳選手の経過・症状

・3月25日(水) 
夜中より体調不良(38.0℃)の訴え 

・3月26日(木) 
トレーニング欠席。
体温37.6℃、頭痛、鼻閉感、兵庫県内の病院にて、急性上気道炎と診断

・3月27日(金) 
朝の体温37.3℃、夜に再び発熱38.0℃、頭痛、咽頭痛

・3月28日(土) 
体温35.8℃、頭痛軽度、においを感じない。
医師の助言を受け、同日14時に症状を鑑みて兵庫県内の病院にてPCR検査を実施

・3月30日(月) 
17時。PCR検査の陽性判定

[クラブからの発表]

 現在のところ、酒井選手以外の選手、スタッフで新型コロナウイルス感染症や風邪の症状等を呈している者はおりません。

 保健所の指導のもと、濃厚接触者の特定やトレーニング施設のいぶきの森球技場の消毒等の対応を行ってまいります。

 なお、今後のスケジュールや調査結果に関しては、Jリーグ及び兵庫県、所轄の保健所とも連携し、適切なタイミングで公表をいたします。

 また、いぶきの森球技場の再開に関しても、選手、スタッフの健康状態を確認し、所管保健所の指導のもとに、運営の再開を予定しております。

関連記事:レアル・マドリードがカマヴィンガ獲得に本腰!久保建英、ヘイニエルに続き「フランスの星」に照準

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads