【大分】ファンから要望300曲、美声Jリーガー島川俊郎が弾き語りで心を掴む「少しでも笑ってもらいたい」

島川俊郎のインスタグラム(@shimakawa.t)。※スクリーンショット

コロナウイルスによる中断期間、「1日1曲」をアップ。セッションしたい憧れの存在は玉置浩二さん。

 J1リーグ大分トリニータのDF島川俊郎は、新型コロナウイルスによるJリーグの中断期間中、自身のインスタグラム(アカウントは @shimakawa.t )でピアノの弾き語りによる歌を最低1日1曲アップしている。そのピアノの上手さと美声が、大分サポーターのみならずサッカーファン、さらには多くのJリーガーの間でも話題に。なぜ始めたのか、今回メディアにその経緯などを語った。

「歌うことが本当に好き。気分に乗ったら、いつもピアノに触ってきました」

 兄と姉が演奏していたこともあり、気付いた時には自宅にピアノがあった。自然と鍵盤に触るようになり、自身も小学校に進んだあと、毎週月曜日、自宅前にあるピアノ教室に通った。その後はサッカーとピアノを両立し、中学3年まで習った。

 合唱コンクールの伴奏なども担当。何より島川自身、純粋に歌うことが好きだったという。

 加えてサッカーと同じく向上心は今なお変わらず。プロになって2台目の電子ピアノを購入し、「もっと上手くなりたい。ピアノの前に座れば、自然と弾くたくなる。そういう環境にしようと思いました」と、自宅にはソファも食卓も置かず、基本的にはリビングの真ん中に置いたピアノの前で生活をしているという。

 キッカケは思い付き。「ちょっとインスタグラムに曲を上げるようにしたら面白くなり、ちょうど自宅待機期間と重なったことで始めました」

 島川はちょうどベガルタ仙台時代に東日本大震災を過ごしている。そのことも少なからず影響し、3月中旬から「1日1曲を上げよう」と決め、気分に応じて楽しい気分になれる曲をアップするようになった。

ビデオ会議システムでの取材に応じた島川俊郎。(C)SAKANOWA

 最近であれば、ミスターチルドレンの『HERO』、King Gnu『The hole』、清水翔太『DREAM』など、これまで50曲以上を披露。ファンからのリクエストは300曲以上になるそうだ。ちなみに、もしもセッションできるならば……憧れの存在は玉置浩二。サッカー選手としては、長渕剛の『カラス』『STAY DREAM』に背中を押されてきた。

 その後、いろんな反応が寄せられた。日本代表GK権田修一からアカウントをフォローされていたのには驚いたそうだ。

「(この中断期間)ただ何となく、だらだらと過ごすのだけは嫌でした。でも、『感動した』と言ってもらえる以上に、こいつサッカー選手なのに、何をやっているんだ!? バカじゃないかぐらいの感じで、笑ってもらえたら嬉しいです」

 サッカーと音楽。島川はその両方に「助けられてきた」という思いが強い。

「両方からたくさん影響を受けてきました。それぞれの共通点は、幸せになれること。サッカーを通じて、悔しさも努力することも、仲間を助け合うこと、礼儀や人とのかかわり方、すべてを学んできました。個人的には、歌手は最も影響力を与える仕事の一つだと思っています。たまにライブを見に行き、何とも言えない大きなエネルギーをもらうことができますから」

 29歳になる島川だが、向上心は高まるばかり。それはサッカーでも、歌とピアノでも同じだ。

「これからもっと上手くなっていきたい。もっと綺麗に弾けたり歌えたりできて、続けることを大事にしていきたいです」

 将来の夢の一つはグランドピアノの購入でもあるそうだ。

 とはいえ、あくまでも本職は大分トリニータのDFだ。背番号4のユニフォームを背負うことに、強い誇りを持っている。やはり、何より、再びピッチに立つ日を待ち望んでいる。

「(リーグが再開したら)全力で走り切る。声を出す。絶対に負けない。戦う姿勢を前面に出して、プレーしたいです」

 人を楽しませる、喜ばせる。ある意味、生粋のエンターテイナーなのかもしれない。島川の世界がどのように広がり、そしてピッチに還元されていくのか。大分のファンも楽しみにしているはずだ。

PROFILE:島川俊郎 / Toshio SHIMAKAWA 
1990年5月28日生まれ、29歳。千葉県市川市出身、180センチ・76キロ。これまでのキャリアは、柏レイソルU-15 ― 柏U-18 ― ベガルタ仙台 ― 東京ヴェルディ ― ブラウブリッツ秋田 ― レノファ山口FC ― 栃木SC ― ヴァンフォーレ甲府 ― 大分トリニータ。昨季J1リーグ22試合・0得点。

大分でプレーする島川俊郎。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

関連記事:【大分】入場料が大幅増。コロナ中断に榎社長「非常な危機感を抱いている」

[取材・文:塚越 始]

Topics: J league Oita Trinita’s Toshio Shimakawa captivates fans with his beautiful voice played on the piano.

Ads

Ads