【清水】2年ぶり黒字計上、売上高は42億9100万円

清水のサポーター。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

新たな役員人事も発表される。

 清水エスパルスは4月28日、第25期(FY2019)の事業報告を発表した。同期の売上高は42億9100万円、当期純利益は200万円、純資産は2500万円だった。2年ぶりの黒字を計上し、前期よりも純資産も200万円プラスとなった。

 発表は次の通り。

▼25期(FY2019) 損益計算書
売上高  42億9100万円
売上原価 35億3500万円
売上総利益 7億5600万円
販売費及び一般管理費 7億5500万円
営業利益 200万円
営業外損益 1400万円
経常利益 1600万円
特別損失 1000万円
税引前当期純利益 600万円
法人税、住民税及び事業税等 400万円
当期純利益 200万円

▼第25期(FY2019) 期末財産状況
総資産 11億5200万円
純資産 2500万円

▼役員人事
代表取締役会長
鈴木 健一郎 
<重任>
[鈴与(株)代表取締役社長]

代表取締役社長
山室 晋也 
<重任>

取締役
杉山 敏 
<重任>

取締役
風間 隆男 
<重任>
[(株)静岡新聞社・静岡放送(株) 取締役総務局長]

取締役
小杉 充伸 
<新任>
[静岡ガス(株)取締役常務執行役員]

取締役
田中 尚弘 
<重任>
[静岡鉄道(株)常務取締役]

取締役
山崎 雅彦 
<重任>
[鈴与建設(株)取締役]

取締役
望月 文人 
[(株)清水銀行 専務取締役]

取締役
菊地 光雄 
[(株)小糸製作所 常勤監査役]

関連記事:【鳥栖】トーレスがスポンサー「3社」獲得、引き留められず。撤退の背景を竹原社長が説明

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads