Jの会場で初!鹿島スタジアムでPCR検査。小泉社長「フットボールのある日常を取り戻す日までクラブとしても協力」

鹿島の三竿健斗。写真:早草紀子/(C)Noriko HAYAKUSA

5月11日から予約制。潮来保健所が事前の調査で検査対象と選んだ方のみ。

 J1リーグの鹿島アントラーズは5月7日、県立カシマサッカースタジアムに鹿行地域PCR検査センターが11日から設置され、ドライブスルー形式のPCR検査 (運営主体:一般社団法人鹿島医師会)を実施することが決まったと発表した。

 対象は鹿行5市(鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市)の医療機関にて新型コロナウイルス感染が疑われると判断された方たち。潮来保健所が対象者の選定を行う。

 実施は平日のみの13~15時の間、1日20件までの予約制となる。 PCR検査に関する問い合わせは、下記の通り。

▼鹿行地域PCR検査センター

場所:
県立カシマサッカースタジアム(茨城県鹿嶋市神向寺後山26-2)
運用開始日:5月11日(月)~
※平日のみ、時間は13~15時

対象者:鹿行5市(鹿嶋市、潮来市、神栖市、行方市、鉾田市)の医療機関にて新型コロナウイルス感染が疑われると判断され、潮来保健所が検査対象として選定した方

方法:ドライブスルー方式(1日20件までの予約制)

注意事項 
・潮来保健所が事前の調整で検査対象と選定した方のみ、検査を受けることができます。

・鹿行地域PCR検査センターに直接来て検査を受けることはできません

運営主体: 一般社団法人鹿島医師会

問い合わせ先
・新型コロナウイルス症状疑いに関する相談について
潮来保健所 電話0299-66-2114(平日のみ、8:30~17:15)

・その他の問い合わせについて
鹿嶋市保健センター 電話0299-82-6218(平日のみ、8:30~17:15)

 鹿島アントラーズ小泉文明社長のコメント
「今回、鹿行地域PCR検査センターの設置にあたり、県立カシマサッカースタジアムの指定管理者として、実施場所提供という形で協力することになりました。新型コロナウイルス感染症の拡大防止には、地域一体となった取り組みが大切で、PCR検査による現状の把握や医療体制の整備は終息に向けた大前提となります。

 センターの運営主体となる鹿島医師会様はじめ、鹿島アントラーズのホームタウンとなる茨城県鹿行地域の医療機関、そして鹿行5市と連携し、状況の改善につながっていけばと思います。これまで当たり前だった生活、フットボールのある日常を取り戻す日まで、引き続きクラブとしても協力してまいります。

 スタジアム周辺地域の皆さまには、ご理解のほどよろしくお願いいたします」

関連記事:【鹿島】フィジコがブラジルメディアに登場。活動再開後は5、6人のグループ練習を予定

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads