×

【Jリーグ】大宮の手話応援、FC東京の少年院社会復帰サポートなど地域活動を表彰

大宮の手話応援デー。(C)大宮アルディージャ

全56クラブのホームタウン・社会連携=シャレン!。徳島、鳥取、川崎も!!

 Jリーグは5月12日、全56クラブのホームタウン・社会連携(シャレン!)活動の中から、特に社会に幅広く共有したい活動を表彰する「2020 Jリーグシャレン! アウォーズ」の各賞を発表した。

 今回初の実施となる「Jリーグシャレン! アウォーズ」は、日頃からJクラブが取り組んでいる地域課題や社会課題の解決に向けた活動や多くの協働者との連携、発信力やつなぐ力など、Jクラブの持つ価値を発揮している活動を称えるもの。昨シーズン年間2万5000回を超えるホームタウン活動から、各クラブがエントリーしたシャレン!活動より各賞を決定した。そのうち「ソーシャルチャレンジャー賞」は、大宮アルディージャとFC東京が受賞した。

「手話応援デー」を企画して12年目を迎える大宮の担当者は、次のように語った。

「ここ3年ほど、(企画に)関わっている人以外に、どのように伝えていくかを課題として感じていました。担当者とすると、今回のアウォーズはすごくチャンスだと感じていました。スポーツにかかわらず社会・地域の皆様に、クラブとしても、どうやって活動を伝えられるかを強く思っていました」

 また、「少年院の少年たちの社会復帰サポート活動」を実施したFC東京の担当者は「少年と直接かかわってきましたが、3人ともとても目を輝かせてくれて、この活動に対して、すごく意義があったということを直に感じてきました」と語った。さらに、今後は各地域にあるクラブと少年院が連携を取れていくことに期待を寄せていた。

 各賞は以下の通り。

▼ソーシャルチャレンジャー賞
◎大宮アルディージャ 
手話応援デー (ノーマライゼーションの普及を目的として手話でも応援。啓発活動として 手話体験・聴導犬等 PR のブースも) 

◎FC東京
少年院の少年たちの社会復帰サポート活動 (誰もが取り残されない社会の実現を目指し、多摩少年院の少年たちの 社会復帰を支援する「職業訓練」に協力) 

▼パブリック賞
◎徳島ヴォルティス
ヴォルティスコンディショニングプログラム(SIB) (市民の健康・介護予防を目的に、クラブ・行政・連携企業がタッグを組ん で運動を習慣化するための取り組み)  

▼メディア賞
◎ガイナーレ鳥取
芝生で地域課題解決!「しばふる」で街も人も笑顔に! (スタジアムの施設管理で培った芝生ノウハウをもとに遊休農地を使用し ての芝生生産プロジェクト) 

▼Jリーグチェアマン特別賞
◎川崎フロンターレ
発達障がい児向けサッカー×ユニバーサルツーリズム (発達障害に対し社会の偏見や誤解を払拭し、誰もがスポーツや旅行を 楽しめる社会の実現に向けての取り組み) 

※活動の詳細(レポート)につきましては、シャレン! ホームページにて発表いたします。

関連記事:小林祐希が欧州4大リーグ挑戦か!セリエA移籍へ、3チームと話し合い

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads