元浦和のR・シルバ、マルセイユとセリエAの2チームが獲得検討。酒井宏樹とチームメイトに!?

浦和でのラファエル・シルバ(右)と柏木陽介。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

イタリアのトリノ、パルマも関心を示す。

 前浦和レッズで中国超級リーグの武漢卓爾でプレーするブラジル人FWラファエル・シルバに、フランス1部リーグ(リーグ・アン)のオリンピック・マルセイユ、さらにイタリア・セリエAの2チームへの移籍の噂が浮上した。イタリアの移籍専門サイト『カルチョ・メルカート』が報じた。

 記事によると、マルセイユを指揮している前上海上港のポルトガル人指揮官、ビラス・ボアス監督がラファエル・シルバの能力を高く評価していて、クラブに獲得を進言しているということだ。

 浦和がACL(アジア・チャンピオンズリーグ)を制した2017年に、上海上港とはグループステージと準決勝で計4度対戦。グループステージでホームとアウェーで1ゴールずつ、さらに準決勝第2戦で決勝進出を決めるゴールも奪取。同指揮官のまえで計3得点を決め、さらにアル・ヒラルとの決勝でもゴールを突き刺した。2017年は11試合・9ゴールと驚異的な結果を残している。

 また、仲介人の話として、セリエAのトリノFC、パルマ・カルチョ1913の2チームからも関心を示されているということだ。

 フランスメディア『フット・シュア7』によると、ラファエル・シルバの仲介人は「私たちはラファエル・シルバをヨーロッパに移籍させたいと思っています。フランスの名門クラブから関心を持たれています」というコメントを掲載している。

 果たしてラファエル・シルバがマルセイユで、日本代表DF酒井宏樹とチームメイトになるのか!? 

 現在、ラファエル・シルバは中国に戻り6月12日に予定される中国超級リーグ開幕に向けて準備を進めている。しかし武漢で再び感染拡大の懸念も広がり、予断を許さない状況が続いている。

 ラファエル・シルバは、1992年4月4日生まれ、ブラジル・サンパウロ州出身の28歳。179センチ・73キロ。これまでのキャリアは、クリチーバ ― ルガーノ ― アルビレックス新潟 ― 浦和 ― 武漢。

関連記事:モドリッチ、久保建英、ウーデゴール「玉突き移籍」をスペインメディアが示唆

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads