シント・トロイデンがコスティッチ監督の退団を発表。後任は未定。

シント=トロイデンの鈴木優磨。(C)STVV

新型コロナウイルスの影響を受けてリーグ中断、12位で終了に。

 ベルギー1部リーグのシント=トロイデンVVは6月2日、ミロス・コスティッチ監督が契約期間満了に伴い退任すると発表した。後任は未定。

 コスティッチ監督は「STVVという熱狂的なサポーターのいる歴史あるクラブで指揮を執れて光栄でした。就任初日から選手たち、スタッフ、サポーターと素晴らしい関係を築けたと思っています。心に残る思い出になりました、また会える日を楽しみにしています。ありがとうございました」とコメントしている。

 コスティッチ監督は1971年11月23日生まれ、スロベニア出身、48歳。 スロベニアの世代別代表監督、レッドスター・ベオグラード(セルビア1部)の アシスタントコーチなどを経て、 今季からシント=トロイデンを率いていた。開幕直後に遠藤航がVfBシュトゥットガルトに移籍するなか、日本代表でもプレーするGKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨、MF伊藤達哉、DF松原后がプレーしてきた。

 今季のシント・トロイデンは、29試合を終えて、9勝6分14敗(33得点・50失点)の勝点33で12位

 ベルギー1部リーグのシント・トロイデンVVは6月2日、ミロス・コスティッチ監督が契約期間満了に伴い退任すると発表した。後任は未定。

 コスティッチ監督は「STVVという熱狂的なサポーターのいる歴史あるクラブで指揮を執れて光栄でした。就任初日から選手たち、スタッフ、サポーターと素晴らしい関係を築けたと思っています。心に残る思い出になりました、また会える日を楽しみにしています。ありがとうございました」とコメントしている。

 コスティッチ監督は1971年11月23日生まれ、スロベニア出身、48歳。 スロベニアの世代別代表監督、レッドスター・ベオグラード(セルビア1部)の アシスタントコーチなどを経て、 今季からシント=トロイデンを率いていた。開幕直後に遠藤航がVfBシュトゥットガルトに移籍するなか、日本代表にも選出されるGKシュミット・ダニエル、FW鈴木優磨選手、MF伊藤達哉、DF松原后がプレーしてきた。

 今季のシント・トロイデンは、29試合を終えて、9勝6分14敗(33得点・50失点)の勝点33で12位。1位はクラブ・ブルージュで、21勝7分1敗(58得点・14失点)で勝点70を獲得していた。ベルギーリーグは新型コロナウイルスの影響で中断し、残りのレギュラーシーズンとプレーオフを残して、終了することが決まっている。

関連記事:【移籍情報】サウサンプトンが冨安の獲得に興味。ローマなどと争奪戦か!

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads