【大宮】練習再開、主将の三門雄大が総力戦を強調「誰か一人でも欠けると乗り切ることが難しくなる」

オンラインでの取材に応じた大宮の三門雄大。(C)SAKANOWA

ピッチに立った瞬間、「必ずストレートでJ1へ行くぞと思った。その思いは選手・スタッフからもひしひしと感じた」。

  J2リーグ大宮アルディージャが6月4日、さいたま市内の練習場・オレンジキューブで新型コロナウイルスの影響により中断していた全体練習を再開させた。キャプテンを務めるMF三門雄大が練習後にオンラインでの取材に応じ、6月27日に決まったJ2リーグ再開への抱負とともに、改めて2位以内でのJ1昇格を果たすことをファンに誓った。

 リーグのリスタートまで3週間。時間は限られているが、そのなかで新型コロナウイルスの感染に気を付けるなど、細心の注意を払わなければいけない。しかも、いきなり夏場の連戦を迎える。三門はだからこそ総力を結集することが重要だと強調する。

「全員で再開の日を迎えることが、まず一番大事だと思っています。夏場の再開で連戦にもなり、誰か一人でも欠けてしまうと乗り切ることが非常に難しくなってきます。イレギュラーなシーズンなので、何が起こるか分かりません。まずこの3週間、しっかりコンディションを元に戻していきます。夏場の戦い方は高木監督をはじめコーチングスタッフが考えてくれていると思うので、僕たちは話し合って、短い時間で落とし込んでいくこと、何より自分の体調を管理しながらやっていくことを大事にしたいです」

 レギュレーションが変更になり、J1昇格プレーオフがなくなった。つまり3位から6位への昇格の権利はなくなった。J1行きは、自動昇格できる上位2チームのみ。4年ぶりとなる昇格へ、三門は強い決意を示す。

「(自動昇格圏の2位以内)それは変わりません。本当に2年間、悔しい思いをしてきました。ストレートで上がってやるぞという気持ちでいます。この2か月、いろんな気持ちや怖さを持ちましたが、6月27日に再開すると発表され、こうしてピッチに立つと、J2で優勝するぞ、とにかくストレートでJ1に行くぞと思いました。選手・スタッフもこの日に合わせて気持ちを持ってきたと、ひしひしと感じました。ここからさらにコンディションを上げていくために、自分が引っ張っていきたいです」

 新たなカードと日程は6月15日に発表される。大宮で3年目を迎える背番号7、いよいよ戦いへのスイッチが“オン”に入った。

関連記事:【大宮】U-15がビデオ動画セレクションを実施、対象は現在の小学6年生

[取材・文:塚越始]

Ads

Ads