【Jリーグ今季ルール変更点まとめ】最終節は12月19・20日、ルヴァン杯は松本不参加も第1戦の成績は「有効」

トピックス・ニュース, Jリーグ

J1J2J3Jリーグ

サカノワスタッフ

横浜F・マリノス。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

ルヴァン杯Bグループは、浦和、仙台にグループステージ終了時点で勝点3を加算。

 Jリーグは6月5日に臨時理事会を開いて、新型コロナウイルスの影響によって中断されていたJリーグとルヴァンカップの2020シーズンの開催方式の変更、J3のFC東京の参加辞退とそれに伴う大会方式変更について承認した。最終節はJ1が12月19日、J2とJ3が12月20日に設定された。

 J2とJ3は6月27日、J1は7月4日に再開される。日程は6月15日に発表される予定だ。

 リーグ戦の対戦ルールとしては「感染予防の観点から近隣クラブとの対戦を優先的に実施する」、選手交代枠は「交代枠を5人に拡大する」「交代回数はハーフタイムを除き3回までとする」ことも決定した。

 今季に限り、J2とJ3の上位2チームが自動昇格となる。降格はなし。クラブライセンスがないチームが2位以内の場合、繰り上げは行われない(昇格は0か1枠になる)。J1昇格プレーオフは実施されない。

 また、ルヴァンカップは、プレーオフステージを廃止。グループステージを1回戦総当たり制に変更し、各グループの1位チームの 4 チームと2位チーム内の上位1チーム、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場の3チーム(横浜F・マリノス、FC東京、ヴィッセル神戸)の計8チーム にて1試合制のトーナメントによるプライムステージ(決勝トーナメント)を行う。

 Bグループの松本山雅FCは、グループステージ2節以降の試合を実施しない。

 選手交代枠は5人以内(交代回数はハーフタイムを除き 3 回まで) 。延長戦を行う場合、直前の90分間の交代人数と合わせて、最大6人まで選手交代できる。延長戦 の場合は交代回数も1回追加。

 また、U-21先発ルール(2020 年 12 月 31 日において満年齢21歳以下の日本国籍選手を 1人以上先発に含める)は適用しない。

 グループステージ1節の結果は有効。Bグループに関しては、松本がセレッソ大阪に勝利していることを受けて、グループステージ終了時点で、浦和、仙台に勝点3を加算する。しかし得失点差は影響を受けない。

 また、J3では開催会場確保が困難として、FC東京が参加を自体することが決まった。J3は18チームによる総当たり2回戦制で開催される。

 日本サッカー協会(JFA)から承認され、国際Aマッチ期間にリーグ戦も開催できる。ベンチ入りの人数については、今後改めて検討される。

 移籍ウインドーは「7月17日(金)~8月14日(金)」に指定されているが、変更も検討。ただし、この移籍期間に関しては、JFAマターになっていて、国際サッカー連盟(FIFA)などとの調整も必要になる。

関連記事:マリオ・ゴメスの移籍先は神戸ではなくアメリカか

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads