【名古屋】山﨑凌吾に第2子が誕生「元気な娘を産んでくれた妻、元気に産まれてきてくれた娘に感謝しかありません」

トヨタスポーツセンターで自主練習する名古屋の山﨑凌吾。ⒸN.G.E.

女の子で、母子ともに健康。

 J1リーグの名古屋グランパスは、山﨑凌吾に第二子が誕生したと発表した。女の子で、誕生日は2020年6月6日。クラブによると、母子ともに健康ということだ。山﨑は「今朝、第二子となる次女が誕生しました。大変な状況の中、元気な娘を産んでくれた妻、元気に産まれてきてくれた娘に感謝しかありません。これから、より一層、精進していきたいと思います」とコメントしている。

 今季湘南ベルマーレから加入した187センチの大型FWは、ルヴァンカップの鹿島アントラーズ戦(〇1-0)、リーグ戦のベガルタ仙台戦(△1-1)で、いずれも途中出場から好機を作り出していた。

 山﨑はグループ練習再開後には、「まだ豊田スタジアムに立っていないので、早くプレーしたいです。中断前は長い時間、試合に出られて周りとの関係は高まっていただけに、そのなかで、自分の色を出して、力にならないといけないとは感じています。再開した時には、いいパフォーマンスを見せたいです」と抱負を語っていた。 

 Jリーグの新たな日程は6月15日に発表される。J1リーグの再開は7月4日、最終節は12月19日を予定している。

関連記事:【名古屋】丸山祐市がU-15の後輩と真剣トーク「中学時代、プロとは程遠い選手でした」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads