【鹿島】ザーゴスタイルはボランチが「肝」。永木亮太の覚悟と充実、『再認識』したサッカーへの純粋な思いとは?

トレーニングをする鹿島の永木亮太。(C)KASHIMA ANTLERS

「普段練習ばかりしていると休みが恋しくなるけれど、今回は逆で――」

 J1リーグの鹿島アントラーズのMF永木亮太が6月11日、オンラインによる取材に応じて、ザーゴ新監督のもとで課せられるボランチの役割、そして改めて自己の中で認識したという純粋なサッカーに対する思いについて語った。

 永木はまず次のように現状について報告した。

「ハードなトレーニングが続き、最初はきつかったですが、それにも慣れてきて、コンディションも上がってきていると実感しています。ゲーム形式のトレーニングもたくさんできて、ゲーム体力を含め、どんどん上がってきています。あとは戦術の構築をできてきています。そういったところと、フィジカルの部分を高め、再開の川崎戦に向けてやっていきたいです」

 コンディションを高めつつチームとしての戦いを改めて徹底する段階に入ってきている。自宅待機での自主練、グループ練習、全体練習と段階を踏んできたが、「チームメイト、コーチングスタッフ、たくさんのコミュニケーションが取れていて、そのことをプラスに捉えています」と受け止める。

 そして鹿島の「6番」はザーゴ監督のもとでのボランチの重要性について語る。

「ポゼッションの時、ボランチは、一人落ちてGKやセンターバックとしっかりつないでいく役割を担い、もう一人はポゼッション時に少し前目にポジションを取ります。後方のボランチは、なかなか経験できないポジション取りで、求められることの難しさもあり、ボールを失えば失点につながりかねない危険もあります。逆に言うと、あまりやってこなかったところ。自分の成長につながると思ってできています。ミスは許されないという危機感とプレッシャーを、公式戦ではそれを強くしていかないといけない。緊張感もあって面白いです」

 ザーゴスタイルの「肝」であることに責任感も感じている。

「ディフェンスの時もボランチが中心になって、しっかり真ん中にポジションをとって、一番危険なところを埋めてくれと指示を受けています。ザーゴさんのサッカーにおいて、攻守の肝になるのがボランチだと思っています。すごく楽しみながらできています」

 加えて、今はサッカーができる喜びを噛み締めている。純粋にリーグ再開の日、そしてピッチに立つ日を心から楽しみにしている。

「ここまでサッカーができないと、サッカーがしたくなる欲求がすごく強くなります。普段練習ばかりしていると休みが恋しくなるけれど、今回は逆で、休みが続くとサッカーがしたくなるのを改めて素直に感じられました。そういった気持ちを自分のモチベーションにして、『サッカーをやっていないとダメな体なんだな』と再認識できました。ずっとサッカーをやっていると味わえないこと。自分の中で、すごく新鮮に感じた感情でした」

 鹿島のボランチには、レオ・シルバ、三竿健斗、小泉慶、名古新太郎、そして永木がいる。戦い抜くため、勝ち続けるため、チームのために、誰よりも走り、体を張り、汗をかける永木がいるのは心強い限りだ。

オンラインでの取材に応じた鹿島の永木亮太。(C)KASHIMA ANTLERS

関連記事:【鹿島】杉岡、山本、佐々木…永戸勝也が熾烈な左SBの争いを語る「4人で切磋琢磨し合っている」

[取材・文:塚越始]

Ads

Ads