NPB斉藤コミッショナーがJ再開を祝福「Jリーグとプロ野球は、日本のスポーツ文化をけん引する両輪」

新型コロナウイルス対策連絡会議発足時のNPB斉藤惇コミッショナー(左)、Jリーグ村井満チェアマン(右)(2020年3月2日撮影)。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

村井満チェアマン「再開、開幕を支えてくださったすべての皆さまに、改めて感謝申し上げます」。

 NPB(プロ野球)の斉藤惇コミッショナーが6月27日、J2再開・J3開幕を受けて、同機構のツイッター(アカウントは @npb )に祝福のメッセージを寄せた。

 斉藤コミッショナーは次のように、ともに乗り越えて辿り着いた“再開の一歩”を喜んだ。

「本日サッカーJ2の再開とJ3の開幕を迎えられ、そして7月4日にはJ1も再開されるとのことで、この日を待ち侘びてこられましたサポーターの皆様、開催に向け努力を続けられた全国56クラブとJリーグ関係者、そしてサッカーに携わるすべての皆様に、心よりお祝いを申し上げます。

 誠におめでとうございます。

 我々プロ野球は6月19日、一足先に開幕を迎えましたが、Jリーグとともに立ち上げました新型コロナウイルス対策連絡会議――これなくしては、この不案内なパンデミックの中で、ここまで辿り着けなかったと思っております。

 まだともに無観客ではありますが、選手たちの溌剌とした姿は、たとえテレビなどを通じてでも、社会に明るさをお届けできると実感しております。

 Jリーグとプロ野球は、日本のスポーツ文化をけん引する両輪であり、互いに切磋琢磨し高め合う存在でございます。

 まだまだ予断を許さない厳しい状況は続きますけれども、これまで以上に力を合わせ、新型コロナウイルスに打ち勝っていきたいと思います。

 本日は本当におめでとうございます」

 また同日、Jリーグの村井満チェアマンは、次のようにコメントを発表した。

「2020明治安田生命J2リーグが再開、J3リーグが開幕しました。

 クラブの運営担当をはじめ、スタッフの皆さんがガイドラインに沿った試合運営を心掛けてくれて、安心して観ることができました。

 計16試合が開催されましたが、接戦を演じた引き分けが6試合、そして7チームが魅力的な攻撃力を披露し、3点以上を得点しました。

 どれもが見ごたえのあるゲームだったと思います。 

 リモートマッチからのスタートとなり、試合の熱量に関してやや不安もありましたが、
いざ試合が始まれば、体調管理をしっかり行い公式検査にも協力していただいた選手たちが、4か月のブランクを感じさせない全力のプレーを見せてくれました。

 今日の再開、開幕を支えてくださったすべての皆さまに、改めて感謝申し上げます」

 Jリーグは6月28日にJ2・2節とJ3・1節の残り4試合が行われる。そして7月4日はJ1・2節が再開する。

関連記事:久保建英のレアル・マドリード復帰へ前進?ジダン監督が注目発言「私たちの関心は…」次段階の白い巨人たちとの関係性へ

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads