【Jリーグ】第2回PCR検査は陽性反応なし。検体不足などによる検査中は128件

写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

Jリーグ登録審判員も実施し、3054件が陰性。

 Jリーグは7月8日、新型コロナウイルス感染症に関する公式検査(Jリーグ公式検査)と医師による診断結果について発表した。 第2回公式検査(定期報告)の結果は、陽性反応はゼロ件だった。3054件が陰性確定で、128件が検体不足での判定不能などにより継続検査となった。

 第2回の検体採取は7月2日から5日まで実施。検査対象はJ1・J2・J3全56クラブの登録選手・チームスタッフ、Jリーグ登録審判員、その他関係者。検査総数は3182件で、そのうち陰性数は3054件、検査中(検体不足や検査過程の途上にある、結果が確定していない数)が128件だった。

 これにより8日時点で、公式検査を経て医師による陽性診断が確定した数は「ゼロ件」だった。

関連記事:【Jリーグ】首都圏も10日から観客動員再開。小池都知事の「県またぎ移動」自粛要請に、村井チェアマン「ビジターの移動を控えるなど十分配慮。直接紐づけては考えていない」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads