【大分 1-1 神戸】古橋亨梧が16秒弾、東京五輪世代の岩田智輝もナイスゴール!

大分の岩田智輝。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

両者ともに譲らず1-1で引き分ける。大分は中断明け無敗キープ。

[J1 4節] 大分 1-1 神戸/2020年7月11日19:00/昭和電工ドーム

 新型コロナウイルスの影響による中断明け、初めて一部の観客動員を迎えて行われたJ1リーグの4節・大分トリニータ対ヴィッセルの一戦は、ともに譲らず1-1で引き分けた。

 試合開始早々の16秒、キックオフから最初に迎えたチャンスで、浮いたセカンドボールを古橋亨梧が左足で振り抜く。するとボールは鋭い弾道を描いてゴールネットを揺らし、アウェーチームに先制点をもたらした。

 その後は大分がボールポゼッション率で上回り、神戸が受けて反撃を狙う展開に。

 迎えた29分、大分は左サイドから崩してチャンスを作る。そこで副審のファウルの合図に対して主審がアドバンテージを選択。岩田智輝が抜け出して、シュートを突き刺して、同点に追いついた。

 その後、両チームともに選手の交代カードを切っていく。大分は渡大生、前田凌佑、井上健太、神戸はドウグラスら……フレッシュな選手を投入していく。しかし――ゴールを決めることができず、1-1で引き分けた。

 大分は中断明け2勝1分と無敗をキープ(通算2勝1分1敗)。一方、神戸は1勝1分1敗(同1勝2分1敗)。

  久々となる観客を迎えての一戦。ホームのサポーターの拍手を受けるなかでゴールを決めた岩田は試合後のフラッシュインタビューで、「冷静に決めることができました。前半から多くのチャンスを作れていたので、そこで決めたかった。九州豪雨の被害に遭われた方たちに、少しでも勇気を与えられるようなプレーをしたいと思いました」と語った。

 大分は次節18日、ガンバ大阪とパナソニックスタジアムで、神戸も同じく18日に清水エスパルスとノエスタで戦う。

関連記事:【大分】ファンから要望300曲、美声Jリーガー島川俊郎が弾き語りで心を掴む「少しでも笑ってもらいたい」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads