【鹿島】32歳の誕生日、伊藤翔が「自分を戒めていきたい」

鹿島の伊藤翔。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

ピッチ上では最前線に立ち、ピッチ外では「補佐役をしたい」。

[J1 7節] 鹿島 – FC東京/2020年7月26日18:30/カシマサッカースタジアム

 J1リーグ鹿島アントラーズのFW伊藤翔が7月24日に32歳の誕生日を迎え、オンラインによる取材に応じた。ここぞという勝負どころでゴールを決めてきたストライカーはプロ14年目のストライカーは「誕生日という1年単位にはなりますが、1日1日何かしら成長していけるように、自分を戒めていきたいです」と抱負を語った。

 今季これまでリーグ5試合に出場し(先発1試合)、まだゴールを奪えずにいる。なかなかボールが入らずにいるが、伊藤は自身とチームについて、次のように課題を挙げた。

「いい時はみんなが前へ前へボールを運ぼう、出そうとする意識が感じられます。ただミーティングでも話がありましたが、今は出せるのにやめてしまう、ボールを取られたら嫌だ、失点してしまうかもしれないという悪い予感の中で戦っているところがあります。そこを打破するには勝つしかない。好循環に自分たちで持っていかないといけない。そこへどうやって持っていくのか」

 現在は“ボールを回すこと”に意識を傾け、ファイナルサードの手前、「3分の2」までは形になってきている。肝心なのはラストの3分の1。伊藤の仕事場でもあり、そこでのイメージの共有を図っている段階だ。

「相手のゾーンの外でボールを回しがちなところあり、もう少し危険なところへ自分たちが入っていかないと、崩れないのかなと感じています。ゴール前が自分の仕事場。早い時間帯で点が取れれば、チームとしても楽になれますが、マリノス戦ではすぐ取り返されてしまった。シメるのがアントラーズ。そこも今一度見つめ直さないといけない。アントラーズにいればそれができるわけではない。アントラーズにいた選手たちがそれを実行してきたということ。そこを勘違いしてはいけない。僕を含めピッチでやっていかなければいけないと思います」

 チーム内では年長者の中の一人になる。伊藤は「ウチのチームはある程度同世代がいて、引っ張っていこうとする選手もいるので、僕はその補佐をできればと思っています(笑)。あとはソガ(曽ヶ端準)さんを中心にまとまっていきたいです」とピッチ上では最前線に入るが、ピッチ外ではサポートに回る考えだ。

 7月26日はホームで、FC東京戦を迎える。

「空いているスペースを有効に使いたいですが、相手もカウンターを狙っているので、ボールの失い方には気を付けないといけません」

 上田綺世の負傷による戦線離脱により、鹿島には一段と伊藤の力が不可欠となる。チームと自身に勢いをつけるためにも、今季&32歳のファーストゴールを決めるしかない――。

関連記事:ポルトが中島翔哉を放出へ。14億5000万円を回収できる?

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads