ダビド・シルバにラツィオがオファー。中東勢も獲得を目指し…神戸は!?

マンチェスター・シティのダビド・シルバ。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

『カリエレ・デロ・スポルト』が報じる。日本は選択肢から消えたか。

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティとの契約が今季で満了を迎える元スペイン代表MFダビド・シルバの移籍先を巡り、新たな動きが出ている。違約金(移籍金)のかからないフリートランスファーの立場となることもあり獲得合戦は熾烈を極めているが、シティを支え続けてきたキャプテンは間もなく“決断”を下しそうだ。

 イタリアの老舗スポーツ紙『カリエレ・デロ・スポルト』は8月4日、セリエAのSSラツィオがダビド・シルバ獲得へ正式オファーを出したと報じた。これまでヨーロッパ以外への移籍が既定路線だと言われてきたが、ジョゼップ・グアルディオラ監督とラツィオのイグリ・ターレ・スポーツダイレクター(SD)がブレシア・カルチョでチームメイトだったこともあり「今も友人」で、支障はきたさないという。しかも300万ユーロ(約3億6000万円)プラス・ボーナスの3年契約という具体的な条件も記されている。

 さらにこの34歳の希代のミッドフィルダーに対し、メジャーリーグサッカー(MLS)のインテル・マイアミ、さらに中東勢のアル・サッド、アル・シャバブ、アル・ナスルも獲得に名乗りを上げていると伝える。

 一方、以前に破格の条件を提示したと伝えられた、中島翔哉の保有権の半分を有するカタールのアル・デュハイル、そして「アンドレス・イニエスタと再びともに戦うことを希望している」として噂になっていたJ1リーグのヴィッセル神戸の名前はこの記事の中では登場してない。他にも北海道コンサドーレ札幌、FC東京も獲得に動いていたと言われるが、日本行きの可能性はなくなってしまったのか。

 ダビド・シルバは1986年1月8日生まれ、スペイン(アルギネグイン)出身の34歳。170センチ・67キロ。プレミア・リーグでは今季27試合6得点・10アシストを記録している。スペイン代表通算125試合・37得点。

関連記事:「イニエスタとコンビを組みたい」ダビド・シルバが神戸移籍検討!米大手スポーツ専門チャンネルが報じる

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads