【浦和】U-20W杯代表のGK鈴木彩艶が18歳の誕生日に契約更新「まず埼玉スタジアムでプレーするために日々努力をしていきます」

浦和のGK鈴木彩艶。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

クラブ最年少の16歳5か月でプロ契約。

 J1リーグの浦和レッズは8月22日、GK鈴木彩艶が18歳を迎えた8月21日に契約を更新したと発表した。鈴木はすでに2019年2月1日(当時16歳5ヵ月11日)に浦和とクラブ最年少でのプロ契約を締結していた。契約期間については、契約上の守秘義務となるので非公表。

 鈴木は2002年8月21日生まれ、18歳。埼玉県さいたま市出身。ポジションはゴールキーパー。189cmセンチ・91キロ。

 これまでのキャリアは、浦和レッズジュニア ― 浦和レッズジュニアユース ― 浦和レッズユース ― 浦和レッズ。代表歴は、U-15日本代表、U-16日本代表、U-17日本代表、U-20日本代表。昨年のポーランドU-20ワールドカップ(W杯)に臨んだU-20日本代表にも選ばれている。来年のインドネシアU-20W杯を目指す現在のU-19日本代表にも選ばれる。

 鈴木はクラブを通じて次のようにコメントしている。

「今回、浦和レッズとの契約を結ぶことができました。ジュニアの頃からお世話になっているクラブですし、とても嬉しく思っています。家族含め、いつも支えていただいている多くの方々に対して、感謝の気持ちでいっぱいです 。シュートを止めること、そしてスローやキックからチャンスを作り出すことが自分の武器だと思っています。まずは、自分の憧れの場所である、埼玉スタジアムでプレーするために日々努力をしていきます。引き続き、応援をよろしくお願いします」

注目記事:【浦和】マウリシオとファブリシオ、ポルティモネンセ移籍?見方が真っ二つに割れる「近日中発表」「努力必要」

[文:サカノワ編集グループ]

Topics: Urawa reds’s SUZUKI Zion signed a new contract.

Ads

Ads