J3クラブライセンスを6チームに交付。ラインメール青森、いわきFC、ヴィアティン三重、奈良クラブ、FC大阪、テゲバジャーロ宮崎に!

写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

昇格条件を満たせば、来季J3へ!

 Jリーグは9月15日に理事会を開催し、2021シーズンに向けて申請のあったクラブについて、ラインメール青森、いわきFC、ヴィアティン三重、奈良クラブ、FC大阪、テゲバジャーロ宮崎の6チームについて、いずれもJ3クラブライセンスを交付したと発表した。昇格条件を満たすと、来季J3に昇格できる。

 なお、既存のJ3クラブについては、10月の理事会で審議される。

 今回J3クラブライセンスが交付された百年構想クラブについては、今後11 月の理事会にてJリーグ入会が審議される。入会を最終承認されるためには、以下の条件をJFL最終節終了時点で満たす必要がある。

1)順位要件(JFL4位以内、かつ百年構想クラブのうち上位2クラブ)
2)平均入場者数 2,000人超(2020年度は適用外)

 J3入会審査項目(Jリーグ規約 第17条第3項より抜粋)

・ 入会直前年度のJFLのリーグ戦におけるホームゲームの1試合平均入場者数が 2000人を超えており、かつ3000人に到達することを目指して努力していると認められること。なお入場者数の算定はリーグ戦実施要項第39条第3項および第4項に基づいて行う。ただし本号に定める要件については、2020年度の入会審査においては適用しない。

・ 入会直前年度における年間事業収入が 1.5 億円以上になると、合理的に見込まれること

・ 入会直前年度の期末決算において、債務超過ではないことが合理的に見込まれること

・ 入会直前年度のJFLのリーグ戦における最終順位が4位以内であり、かつJFLに属する百年構想クラブのうち、 上位2クラブに入っていること。ただしJFLのリーグ戦がJFLの定めるリーグ戦成立要件を満たすことを条件とする。

※JFL2020シーズンの最終節が11/29 のため11月理事会では、最終順位の要件を満たすことを条件に承認する。

【Jリーグ百年構想クラブ (2020年9月15日現在)】
・ ラインメール青森(JFL)
・ いわきFC(JFL)
・ 栃木シティフットボールクラブ(関東リーグ 1 部)
・ VONDS 市原 FC(関東リーグ 1 部)
・ 南葛FC(東京都リーグ 1 部)
・ ヴィアティン三重(JFL)
・ FC大阪(JFL)
・ 奈良クラブ(JFL)
・ テゲバジャーロ宮崎(JFL)

注目記事:天皇杯16日開幕!寺田紳一「多様性」、茂庭照幸「闘魂」。Honda FCは本気で優勝狙う

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads