【浦和】ユース所属DF福島竜弥の来季昇格が決定「ガムシャラに頑張っていく」

浦和レッズのサポーター。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

宮崎県出身の高速サイドバック。

 J1リーグの浦和レッズは10月7日、浦和レッズユースに所属しているDF福島竜弥が2021シーズンに昇格することが決定したと発表した。

 福島は2002年6月8日生まれ、18歳。宮崎県出身。175センチ・73キロ。これまでのキャリアは、川南大久保スポーツ少年団 ― 児湯SCジュニアユース ― 浦和レッズユース。

  闘争心を前面に押し出してプレーし、スピードを武器に仕掛けるサイドバックで、対人の守備に強く思い切りの良いオーバーラップも武器としている。

 福島は次のようにコメントしている。

「小さい頃からの夢であったプロサッカー選手を、浦和レッズという偉大なクラブでスタートできることを、大変嬉しく思います。これまで自分を育ててくれた小学校、中学校時代の指導者の方々、浦和レッズ、そして家族には、本当に感謝しています。これからも常に謙虚で、誰にも負けない熱い思いを胸に全力で取り組んでいきます。1日でも早くファン・サポーターの皆さんの前でプレーできるよう、日々のトレーニングからガムシャラに頑張っていきます。皆さん、応援よろしくお願いします」

注目記事:日本代表の「最強布陣」を考察。大迫勇也は1試合戦限定、各ポジションにスペシャリスト。左SBがいない!?久保建英“スーパーサブ”か

[文:サカノワ編集グループ]

Topics: FUKUSHIMA Ryuya will join the URAWA Reds first team next season.

Ads

Ads