×

【浦和】本家CLを経験した酒井宏樹が語るACLの重要性「世界から見たら日本のリーグは本当に小さい」

全北現代戦のあと、スタンドを見つめる浦和の酒井宏樹。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

“やれて当たり前”という基準、「僕が背負っていかなければいけないところはいっぱいある」。

[ACL 準決勝] 全北現代 2 (1EX3) 2 浦和/2022年8月25日19:30/埼玉スタジアム

 浦和レッズの日本代表DF酒井宏樹が、AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)準決勝の全北現代モータース戦のあと取材に応じて、延長120分にキャスパー・ユンカー弾で2-2に追い付き、PK戦を3-1で制した激闘を振り返った。

 アジア東地区のクラブ王者を決める大一番、酒井が2ゴールをもたらした。

 11分の先制点はダヴィド・モーベルグのスローインのクイックリスタートを察知してインナーラップ。クロスから松尾佑介のゴールをアシストした。

 そして延長116分に1-2と勝ち越されたあとの土壇場120分、右サイドで強烈なタックルでボールを奪った酒井宏樹がダヴィド・モーベルグにボールをつなぎ、ゴールラインぎりぎりまで駆け上がって決死のクロスを放ち、ユンカー弾を生んだ。

 酒井は『プレーヤー・オブ・ザ・マッチ』に選ばれた公式記者会見で語った「浦和の選んだ理由」について、改めて説明した。

「クラブの結果も、自身のパフォーマンスも、やれて当たり前、調子がよくて当たり前というプレーをし続ける難しさは、海外でやっていた人たちは分かると思います。ただ、そこで結果を出し続けることが、僕は大事だと思っていました。代理人の方などから、なぜ酒井は移籍してくるんだと言われてきて、そういう思いを含め、僕が背負っていかなければいけないところはいっぱいあります。今はホッとしています。ただ、何も成し遂げていません。これはただの(決勝への)チケット。しっかりこれからもやっていきたいです」

 酒井はオリンピック・マルセイユでは本場UEFAチャンピオンズリーグにも出場している。選手も、クラブも、価値がそこで大きく変わる世界一線級の舞台。その怖さも魅力も知る。そんな日本代表サイドバックは、ACLにも大きな価値を感じていた。

「(モチベーションは)もちろん高いです。アジアの中で一番大きな大会です。ヨーロッパチャンピオンズリーグが欧州でそうであるように。世界から見たら日本のリーグは本当に小さいです。そこでアピールしていくうえでも、この大会で優勝し続けるようなクラブが出ることが大切だと思います。浦和だけではなく、日本全体でやっていかなければと思いますが、僕はそんな大きなことは言えません。ただ、僕はそうであってほしいと願っています」

 クラブ三度目のアジア王者の称号を得るために。酒井はその挑戦権を掴むという今季の“ノルマ”を達成し、次なる高みを見つめていた。

 西地区代表との2022シーズのACL決勝は、来年2月19日にアウェー、26日に浦和のホームで開催される。

[取材・文:塚越始]

【注目記事】
【浦和】劇的同点弾を演出した酒井宏樹「昨年の夏、誰も賛成しなかったこの移籍が成功だと示すためにも、この大会が重要だった。ただ…」

【浦和】「宏樹は新幹線のようだ」モーベルグが咄嗟の判断から酒井経由で松尾佑介の先制点をもたらす

Jリーグ名誉マネ足立梨花さんが大胆ビキニ美尻に大人の魅力、メモリアル写真集を発表「楽しみに待っててください」

Ads

Ads