×
×

【浦和】退任発表の大槻毅監督「むしろ周りが…」。鹿島戦へ「勝利の意欲を表現する」

オンラインによる取材に応じた浦和の大槻毅監督。協力:浦和レッズ

発表を挟んでの心境の変化は「思いのほかあまりありません」。

[J1 30節] 鹿島 – 浦和/2020年11月29日15:00/県立カシマサッカースタジアム

 J1リーグ浦和レッズの大槻毅監督が11月27日、鹿島アントラーズ戦を控え定例のオンラインによる記者会見を行った。先日今季限りでの退任がクラブから発表された指揮官は、「(心境的な変化などは)思いのほかあまりありません。しっかりやってきたつもりがあり、仕事に誇りと責任を持ってやってきたつもりはあります」「対戦成績で上をいく鹿島に、しっかり上回るためにチャレンジしたい」と語った。

 リーグ戦4試合を残しての発表。指揮官は次のように抱負を語る。

「大事なのは、この4試合、しっかり勝利への意欲に満ち溢れ、そういった集団であることを全ての人たちに見せたい。まず鹿島戦にすべてをかけて、そこから少し時間が空くので、残り3試合の準備をしていきたい。まず目の前の試合が大事で、選手たちはしっかり戦ってくれることを見せてくれているので、そこを表現させてあげたいと思います」

 鹿島は特別な相手であるとも強調する。

「これまでの対戦成績を見ても、鹿島のほうが上回っている部分が大きく、節目節目で本当に悔しい思いをさせられてきたチームでもあります。最もタイトルを獲ってきた、歴史のなかで高い位置を占めてきたのが鹿島。それに対して1試合ずつ上回るところを積み重ね、毎年ちょっとずつのチャレンジをしていきたい。サポーターもそこを十分意識し、鹿島とは熱い戦いが繰り広げられてきました。コンタクトの多い、サッカーとは少し離れたような戦いも繰り広げられるところもあると思うので、厳しい戦いに、みんなで臨み上回りたいと思います」

 今季限りでの退任を発表したことで、発表前と心境的な変化はあったか。その問いに大槻監督は答える。

「思いのほかあまりありません。この仕事に誇りと責任を持ってやってきたつもりがあります。数字的なものには自分自身も満足していませんが、100パーセントかけてきた自信があります。今週も変わりなく選手とともにいい仕事をしようと言ってきました。むしろ周りが腫物に触る感じのようで、あまり気を使わないでいただいて大丈夫です。次の試合に向かって、100パーセントやるだけです」

 これまで浦和は13勝6分11敗(42得点・47失点)の勝点45で暫定9位。対する鹿島は16勝4分11敗(48得点・43失点)の勝点52で暫定5位。

 試合は29日15時から、カシマサッカースタジアムで行われる。

注目記事:ラファエル・シルバの浦和復帰はある?12月で武漢と契約満了、ACL優勝時の写真をSNS連投

[取材・文:塚越始]

Ads

Ads