×

【横浜FM】オナイウ阿道が1ゴール、しかし「後半の入りが緩かった」と反省。ACL上海上港との第2戦を落とす

横浜FMのオナイウ阿道。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

次戦・全北現代戦は決勝トーナメント進出決定を懸けて挑む!

[ACL GS4節] 横浜FM 1-2 上海上港/2020年11月28日/アル・ワクラ・スタジアム

 AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ(GS)4節、横浜F・マリノスは上海上港との第2戦を1-2で落とした。

 中2日での連戦が続くなか、アンジェ・ポステコグルー監督はターンオーバーを採用。大幅に先発選手を入れ替えるなか、21府、オナイウ阿道が一時同点ゴールを決めたものの、後半に1点を追加されて振り切られた。横浜FMはこの一戦でのGS突破を決められなかった。

 センターフォワードとしてフル出場を果たしたオナイウは、試合後のフラッシュインタビューで、次のようにコメントした。

「先制されてしまったのですが、そのあと自分たちの狙っているものを出せて、同点に追い付くことができました。後半は(試合への)入りからちょっと緩かったのかなと思うので、その反省を次に生かしたいと思います。クロスだったり、ゴール前のシュートだったり、個人的にもチャンスがありましたし、そこの質を上げていかなければいけないと思いました。しっかりと今日出た反省を生かして、またすぐ準備をして、みんなで戦っていきたいと思います」

 横浜FMは次戦12月1日19時から、韓国Kリーグの全北現代モータースと対戦する。

注目記事:ベティスが久保建英の獲得に動く。ビジャレアルの判断は?

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads