×

【ACL準決勝】山口蛍の得点で神戸が蔚山に先制!だが延長120分死闘の末、逆転負け

ACL準決勝の蔚山現代戦、ゴールを決めた神戸の山口蛍。(C)VISSEL KOBE

佐々木大樹のゴールはVARで無効に…。ビッグセーブ連発も…土壇場でPKを与えた前川黛也はピッチに泣き崩れる。 

[ACL 準決勝] 神戸 1(0ex1)2 蔚山現代/2020年12月13日/ジャシム・ビン・ハマド・スタジアム(カタール・ドーハ)

 AFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の準決勝、J1リーグのヴィッセル神戸は韓国Kリーグの蔚山現代に延長120分の死闘の末、山口蛍のゴールで先制したものの、81分、さらに119分のPKによる失点で1-2の逆転負けを喫した。初出場での決勝進出も目前に迫ったが、準々決勝から採用されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に泣かされる結果となった。

 神戸は3日前の水原三星戦で延長後半途中から出場し、PK戦で1本目のキッカーとして成功させたアンドレス・イニエスタがそのキックで再び太もも前部を痛めてしまった。この日はメンバー外となった(松葉杖をついてチームには帯同)。

 水原三星戦から先発を変更せずに臨んだ神戸だが、蔚山現代の厳しいプレッシングに苦しむ。ミスからボールを奪われて、GK前川黛也と1対1の場面を作られたもののシュートミスに救われる。その後の決定機も前川が立ちふさがり、ゴールを許さない。そうしたなか、神戸も隙を突く形で、クロスにドウグラスがヘディングシュートで合わせるなど、ゴールに迫る。

 するとスコアレスで迎えた52分、連続して迎えたコーナーキックのチャンス。ここで神戸はサインプレーを選択。安井拓也のマイナスのグラウンダーのパスに、山口がダイレクトで合わせる。勝負どころを見逃さなかった山口の一発がゴールネットを揺らし、ついに均衡を破る!

 そのあと神戸は西大伍に代えて佐々木大樹を投入。カウンターを狙いながら、試合をクローズさせる段階に突入している。

 そして75分、相手が前掛かりになったところ、左サイドから中央をえぐった佐々木が決めて2点目をもたらした。かと思われたが、その後、VARが介入。直前のボール奪取時がVTRのスロー再生で見るとファウルであるとして、ゴールが取り消されたのだ。

 ここで試合の流れが変わってしまう。

 81分、蔚山現代に決められ、1-1に。これもVARで一旦無効とされたが、改めて得点が認められた。

 試合は延長戦に突入。そして延長後半、スーパーセーブを連発していた前川黛也がペナルティエリア内でキャッチミスから途中出場のジュニオール・ネグランを倒してしまいPKを献上。119分、ジュニオール・ネグランにこのキックを決められてしまう。

 試合終了間際、ゴール前で直接FKのチャンスを掴んだが……古橋亨梧のショットが枠を逸れて、そこで試合終了を迎えた。

 神戸のアジア挑戦は、ベスト4で幕を閉じた。試合終了後、前川は涙を浮かべてピッチに崩れ落ちた。

 神戸のメンバーは次の通り。

▽ヴィッセル神戸
▼先発
GK
1 前川 黛也
DF
4 トーマス・フェルマーレン
17 菊池 流帆
22 西 大伍
(65分 38 佐々木 大樹) 
23 山川 哲史
(120分 9 藤本 憲明)
24 酒井 高徳
MF
5 山口 蛍
14 安井 拓也
(82分 44 藤谷 壮)
27 郷家 友太
(110分 21 田中 順也) 
FW
11 古橋 亨梧
49 ドウグラス

▼控え
GK
18 飯倉 大樹
DF
19 初瀬 亮
25 大﨑 玲央
MF
31 中坂 勇哉
FW
13 小川 慶治朗
41 小田 裕太郎

▼監督
三浦淳寛

注目記事:【ACL】神戸ベスト4!明暗を分けたVAR。なぜ「PK+警告」が「FK+退場」になったのか?

 

Ads

Ads