【ACL】横浜F・マリノス1位突破!12/7決勝トーナメント1回戦は広州恒大or水原三星

横浜FMの水沼宏太。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

ヴィッセル神戸の対戦相手は上海上港に決まる。

[ACL GS6節] シドニー 1-1 横浜FM/2020年12月4日/アル・ワクラ・スタジアム

 アジアチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ(GS)最終節、J1リーグ昨季王者の横浜F・マリノスはオーストラリアAリーグのシドニーFCと1-1で引き分け、グループHを1位で突破した。12月7日に行われる決勝トーナメント1回戦(1回戦制)は、広州恒大または水原三星ブルーウイングスと対戦する。このあと行われるヴィッセル神戸対水原三星の結果によって決まる。

 すでにクラブ初の決勝トーナメント進出を確定させていた横浜FMは、スタメンを前節から全員入れ替えて、主力選手を休ませる形に。水沼宏太がキャプテンマークを巻いた。

 引き分け(勝点1)以上で自力によって1位突破が決まる状況にあるなか、 18分、コーナーキックから實藤友紀がボレーシュートを突き刺して先制する。そのあと29分に1点を返されたものの、横浜FMがしっかりと試合をコントロールし続ける。シュート数17本対5本(枠内シュート4本対3本)と攻め続け、1-1で終えて1位突破を確定させた。

 また、グループH2位の上海上港が、グループG1位を確定させているヴィッセル神戸の対戦相手に決まっている。

 横浜FMの対戦相手は、現在広州恒大が有力。このあと日本時間22時から行われる神戸対水原三星の結果によって決まる。

注目記事:【神戸】イニエスタが語った「CL」と「ACL」。「レベルが高いのか、低いのかという話ではなくて――」

[文:サカノワ編集グループ]

Ads

Ads