×

【山形】Jリーグを代表するダイナモ、本田拓也が今季限りで契約満了に

山形の本田拓也。(C)SAKANOWA

ユース出身のGK摂津颯登、エルシオフィジコも契約更新せず。

 J2リーグのモンテディオ山形は12月7日、元日本代表MF本田拓也との2021シーズンの契約を更新しないと発表した。山形で4シーズン、プロキャリアではトータル13年を戦ってきたJリーグを代表する35歳のダイナモが、新たなステージを目指すことなった。

 また山形は、山形ユース出身のGK摂津颯登、また64歳のエルシオ・フィジカルコーチとの契約も今季限りで満了を迎えると発表した。

 本田は1985年4月17日生まれ、神奈川県出身、35歳。177センチ・75キロ。これまでのキャリアは、FCコラソン ― 桐光学園高 ― 法政大 ― 清水エスパルス ― 鹿島アントラーズ ― 清水 ― 山形。昨季までは不動のボランチとしてチームを支え、今季これまではJ2リーグ19試合に出場していた。日本代表として国際Aマッチ通算2試合の出場を記録している。

 摂津は1996年10月5日生まれ、秋田県出身、24歳。190センチ・83キロ。これまでのキャリアは、横手FCサンヴィゴーレ ― 山形ユース ― 山形。これまで6年間、トップチームでの公式戦出場はなかった。

注目記事:後任は曺貴裁氏か?京都が實好礼忠監督の今季限りの退任を発表

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads