×

【鹿島】トップチームの選手1人が新型コロナ陽性、19日C大阪戦は予定通り開催決定

カシマサッカースタジアム。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

濃厚接触の疑いがあるスタッフ1人が自宅待機に。

 J1リーグの鹿島アントラーズは12月18日、前日17日にトップチームの選手1人から新型コロナウイルス感染症のPCR検査で陽性判定が確認されたと発表した。18日現在、その選手は体調不良、発熱などの症状を訴えていない。保健所による濃厚接触者特定を行った結果、選手の該当者は特定されず、濃厚接触の疑いがあるスタッフ1人を現在、自宅待機としている。これに伴い17日に当該選手を除くトップチーム全選手とチーム関係者を対象としたPCR検査を実施し、全員が陰性判定となり、体調不良や発熱などの症状は確認されていない。

 12月19日のJ1リーグ34節・セレッソ大阪戦(14:00キックオフ)は予定通り開催される。

 また、クラブハウス施設については、保健所との連携を経て17日に外部業者による全館内のアルコール消毒を実施した。オフィシャルショップおよびフットサルコートは通常どおり営業を継続する。クラブではこれまで取り組んできた新型コロナウイルス 感染症対策をさらに強化し、選手、スタッフ、関係者全員に再度感染症防止策の周知、徹底をはかっていく。

■当該選手の経過、症状
12/13(日)
チームオフ(体温:36.4℃)

12/14(月)
チームオフ(体温:36.4℃)

12/15(火)
個別トレーニング(体温:36.2 ℃)

12/16(水)
個別トレーニング(体温:36.5℃)

12/17(木)
・発熱・病状なし(体温:36.8℃)
・午前9時半:抗原検査実施→陽性判定、PCR検査実施→午後1時:陽性判定
※新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触疑いが判明したため、自主的に検査を実施。
※現在、自宅にて静養し、体調回復に努めております。

注目記事:手術を受けたイニエスタが日本語で経過報告「大好きなサッカーを楽しむためにも」

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads