【J1リーグ全クラブ監督人事一覧】15チームが体制継続、C大阪クルピ監督の就任決定。清水ロティーナ、浦和リカルド体制発足へ

徳島のリカルド・ロドリゲス監督。写真:上岸卓史/(C)Takashi UEGISHI

湘南の浮嶋敏監督、広島の城福浩監督の続投決定。

 J1リーグは12月19日に全日程を終え、翌20日には湘南ベルマーレが浮嶋敏監督、サンフレッチェ広島が城福浩監督の続投、そしてセレッソ大阪がレヴィー・クルピ氏の来季監督就任(復帰)を正式発表した。これまでの発表や報道を踏まえ、2021シーズンに向けたJ1全クラブの監督人事をまとめた。

 来季は徳島ヴォルティス、アビスパ福岡がJ2から昇格し、J1史上最多20チームでの戦いとなる。一方、J2降格が4チーム(自動降格)という厳しいレギュレーションになる。20チーム中15チームで現体制が継続されそうだ。

▼J1リーグ 
2020→2021シーズン監督人事一覧
(21日0時00分現在)

◎チーム名
現在の監督
→ 来季去就/新監督
決定>決定的>濃厚>有力

◎北海道コンサドーレ札幌
ペトロヴィッチ
→ 続投決定的

◎ベガルタ仙台
木山隆之
→ 退任決定
後任:手倉森誠氏、大槻毅氏が候補に

◎鹿島アントラーズ
ザーゴ
→ 続投決定的

◎浦和レッズ
大槻毅
→ 退任決定
後任:リカルド・ロドリゲス氏決定的

◎柏レイソル
ネルシーニョ
→ 続投濃厚

◎FC東京
長谷川健太
→ 続投決定

◎川崎フロンターレ
鬼木達
→ 続投決定的

◎横浜F・マリノス
アンジェ・ポステコグルー
→ 続投決定

◎横浜FC
下平隆宏
→ 続投決定的

◎湘南ベルマーレ
浮嶋敏
→ 続投決定

◎清水エスパルス
平岡宏章
→ 退任決定的
後任:ロティーナ氏濃厚

◎名古屋グランパス
マッシモ・フィッカデンティ
→ 続投決定的

◎ガンバ大阪
宮本恒靖
→ 続投決定

◎セレッソ大阪
ロティーナ
→ 退任決定
後任:レヴィー・クルピ氏決定

◎ヴィッセル神戸
三浦淳宏
→ 続投有力

◎サンフレッチェ広島
城福浩
→ 続投決定

◎サガン鳥栖
金明輝
→ 続投決定的

◎大分トリニータ
片野坂知宏
→ 続投決定

◎徳島ヴォルティス
リカルド・ロドリゲス
→ 退任濃厚
後任:ダニエル・ポジャートス氏、吉田達磨氏が候補に

◎アビスパ福岡
長谷部茂利
→ 続投濃厚

注目記事:徳島J2優勝!リカルド監督が最後の会見で何を語った?「胸を張りたい」

Ads

Ads