×

【浦和】青木拓矢がFC東京に完全移籍。7年間を回顧して「良い時も悪い時も幸せな時間を過ごさせてもらえました」

浦和からFC東京への移籍が決まった青木拓矢。写真:徳原隆元/(C)Takamoto TOKUHARA

新天地のサポーターへ「タイトルを獲れるようにFC東京のために戦います」。

 J1リーグ浦和レッズの青木拓矢(AOKI Takuya)が1月5日、FC東京に完全移籍することが決まった。両クラブが正式に発表した。

 青木は1989年9月16日生まれ、群馬県出身、31歳。179センチ・77キロ。

 これまでのキャリアは、高崎西FC ― FCホリコシ ― FC前橋ジュニアユース ― 前橋育英高校 ― 大宮アルディージャ ― 浦和 ― FC東京。

  2020シーズンは浦和でJ1リーグ21試合、ルヴァンカップ2試合に出場している。

 青木は次のように浦和のサポーターに感謝している。

「浦和レッズに関わる全ての皆さん、7年間ありがとうございました。良い時も悪い時も幸せな時間を過ごさせてもらえました。

 このクラブでタイトルを取れましたし、少しでも力になれたかなと思います。特に優勝したACL決勝のスタジアムの雰囲気は最高でした。次会う時は対戦相手としてですが楽しみにしています。

 本当にありがとう ございました」

 一方、FC東京サポーターには、次のように呼び掛けている。

「素晴らしいクラブに加入できることを嬉しく思います。タイトルを獲れるようにFC東京のために戦います。よろしくお願いします」

注目記事:【FC東京】矢島輝一が大宮に完全移籍。平川怜が松本、宮崎幾笑が岡山、木村誠二が京都に期限付き移籍

[文:サカノワ編集グループ]

 

Ads

Ads